神職・神主になるには

階位を取得する

神道界には、階位という概念があります。これは神社本庁が発給しているもので、神職になるために事実上必要な資格として取り扱われているものです。

この階位には浄階(じょうかい)、明階(めいかい)、正階(せいかい)、権正階(ごんせいかい)、直階(ちょっかい)という5種類があって、このうちのどれかを取得しないと神職となる資格が認められません。

この階位を取得するにはいくつかの方法があります。専門の課程を有する大学に進学する、専門の養成所に入る方法などがあります。

神道を学ぶ方法

神職になるためには、実に多くの知識を得る必要があります。その知識を充分に得たことを認められた上ではじめて階位の取得ができる仕組みになっているので、神道を学ぶことは必要不可欠なのです。

大学で神道を学ぶことができるのは、國學院大學(東京都)と皇學館大学(三重県)です。

その他には、出羽三山神社、志波彦神社・塩竈神社、熱田神宮などが運営する神職養成所があるので、そこで修行をした上で階位を取得することもできます。

さらに、階位検定という試験のための講習会や通信教育などがあるので、こうした教育を受けた上で階位検定試験に合格すれば、神職資格である階位を取得することができます。

奉職先を見つける

神職として神社で働き始めること、つまり一般社会で就職に相当することを、神道界では奉職といいます。

神職になるにはどこかの神社に奉職する必要があるわけで、一般社会の就職活動に相当する活動をすることで奉職先を見つける必要があります。

とはいっても神道界は一般社会とはかなり異なる世界なので、求人情報があるわけではなく、ほとんどの場合は実際に神道を学んで階位を取得したところで、人づてに見つけるというパターンが現実的です。

また、世襲で神職になる人も多いですが、こういう人については生まれ育った家が営んでいる神社にそのまま奉職することになります。