宮司と神主の違い

神主は職業名

宮司(ぐうじ)と神主の違いは何かという疑問を持っている方が多くいます。確かに私たちが神社に行った時に「宮司の○○です」と名乗られるのと「神主の○○です」と名乗られるのとでは意味の違いがわかりません。

そのため、どちらも同じだと思っている人がとても多いのですが、実はここには大きな違いがあります。

まず、神主という言葉から解説すると、神社神道の世界に「神主」という職業名は存在しません。神主さんと呼ばれている人たちは、神社神道では神職と呼ばれています。

お寺のお坊さんという職業名がなく、実際には「住職」「僧侶」と呼ばれているのとよく似ています。

まずここで押さえておきたいのは、神主というのは神社における役職の名前ではなく、職業としての名前だということです。

宮司は神社の代表者

では、宮司は何を意味する名称なのでしょうか。

宮司とは、その神社の責任者を務めている神職のことを指します。神社を会社にたとえるなら、神職は社員でその中の代表者が宮司という具合です。

つまり、宮司は代表者なので各神社に一人しかいません。逆にいえば、どんな神社にも代表者がいるはずなので必ず一人の宮司がいます。

その神社が行う祭祀の責任者を担う人なので、単に神社という宗教法人の代表としてだけではなく、神社が行う宗教儀式にも責任を持つ立場にあります。

ほとんどの神職は宮司という現状

ところで、日本全国には8万社ほどの神社があります。しかしその一方で、宮司は1万人ほどしかいないといわれています。つまり、7万社もの神社は常駐している宮司がいない神社ということになります。

そのため、こうした神社では他の神社で宮司を務めている神職が兼務する形で宮司を務めています。

日本全国に7万社もの無人神社があるということは、実は大半の宮司が一ヶ所だけでなく複数の神社で宮司を兼務していることになります。

仮にそうではなくても、日本全国にある神社のほとんどは中小規模なので、神職が一人というのが実際のところです。そのため、そこにいる唯一の神職は自動的に宮司となります。

ほとんどの人が「宮司さん」と「神主さん」を混同しているのは、こうした大半の神社の現状が関係しているものと考えられます。