神職・神主になるための養成所・大学・通信教育

神職を目指せる大学は2ヶ所

神職になる方法としては、神職資格取得課程を有する大学を受験し、専門の学科を卒業するのが最も一般的です。

その理由は入学に際して特別な条件がなく、試験さえ突破すれば社家関係者以外でも神職資格を取得するために学ぶことができるからです。

神職資格取得課程を有しているのは「國學院大學」と「皇學館大学」の2ヶ所に限られます。

いずれも「學」の字が旧字体になっていることからも推測できるように、神職を志す人の学校として開学したとても歴史の古い大学です。

それぞれの大学には神道が学べる専門学科が設置されており、神職になるための本格的な教育が行われています。

ここで4年間学び、所定の単位を取得することで正階という階位が得られます。また所定の実習を履修すればさらに一つ上の階位である明階を得ることもできます。

國學院大學と皇學館大学の神道学科に関する詳しい情報は、以下の通りです。

國學院大學

・所在地:東京都渋谷区
・専門学科名:神道文化学部
・歴史:前身である皇典講究所は、神官・神職の養成及び任用について内務省より委託されていた
・HP:國學院大學 神道文化学部

皇學館大学

・所在地:三重県伊勢市、名張市
・専門学科名:神道学科
・歴史:伊勢神宮の学問所である林崎文庫に開設された「皇學館」は日本古来の神典や国文、国史を研究する国の中心的機関であった
・HP:皇學館大学 文学部 神道学科

全国各地の神職養成所

いくつかの神社が設置する神職養成所に入って神道を学び、神職の資格を取得するという方法もあります。しかし、入所に関しては神社本庁からの推薦状が必要です。

社家の関係者以外の入所は極めて困難であると考えておきましょう。

現在設置されている神職養成所は、

・出羽三山神社神職養成所(山形県)
・志波彦神社 塩竈神社神職養成所(宮城県)
・熱田神宮学院(愛知県)
・京都國學院(京都府)
・神宮研修所(三重県)
・大社國學館(島根県)

の6ヶ所です。

それぞれが有力な神社が運営しているものであり、中でも伊勢神宮の運営する神宮養成所、出雲大社が運営する大社國學館が有名です。

また、京都御所のすぐ近くにある京都國學院は6ヶ所の中で最も古い歴史を持っています。

通信教育で神職になる

全国で唯一、大阪國學院が神職資格取得通信課程を有しています。現在仕事を持っていて大学や養成所等に通えない事情のある神職志願者は通信課程で資格取得を目指すことが可能です。

ただし、この通信教育課程は誰でも受講できるわけではありません。

急遽実家の神社で神職として勤務しなければならなくなったなどの緊急事態にのみ対応している特殊な課程であり、神社本庁の推薦状がなくては入学することができないので注意しましょう。