診療情報管理士のやりがい、魅力

勤務条件の魅力

多くの診療情報管理士が勤務上の魅力として挙げるのは、勤務時間がきっちり決まっている点です。

医療機関の診療時間内に業務が集中するため、よほどの急務がない限り、残業は発生しません。この点から、家庭のある人が両立しやすい職業として認知されています。

また、基本的にカルテやパソコンと顔を突き合わせて行う業務のため、自分の裁量で作業を進めやすいのも魅力です。

医師や看護師と違い、患者と直接関わることはありません。

加えて、一般的に医療機関内ではパソコン操作やデータ関連の数字に免疫のある人材が少ないため、これらに詳しい診療情報管理士は一目置いてもらえる可能性があります。

さらに、公務員試験を受けなくても、公立病院に勤めれば公務員と同様の待遇が得られます。年度ごとに確実に昇給があるというのは、民間病院にはない魅力です。

ただし国立病院に勤めると、緊縮財政による国家公務員の給与カットの影響を受けてしまうので、地方自治体運営の公立病院がベター、という意見もあります。

業務のやりがい

診療情報管理士認定試験に合格した有資格者は、データ管理や情報処理の知識だけでなく、専門的な医学用語や疾病、薬についての知識を持っています。

そのため一般的なカルテ版の司書としての役割だけでなく、より医療の核心に近い部分で業務ができるというやりがいがあります。

たとえばがんの種類を細分化しデータ化するがん登録は、診療情報管理士の重要な業務のひとつですが、これはしっかりとした医学的知識の裏付けがあるからこそできる業務です。

その延長として、医師のカルテをチェックし、医師と患者の病名や薬について話し合ったりすることも可能です。

また、データ分析業務を通して医療機関経営の円滑化に関わる可能性もあり、他職種にないやりがいが期待できます。

やりがいと信頼を高めるためには?

しかし、診療情報管理士の資格を持っていても、すぐに重要業務を任せてもらえたり、医師と対等に話ができる立場になれるわけではありません。

業務のやりがいを高め、周囲からの信頼を得るためには、常に医学やデータ管理の勉強が欠かせません。

根拠のある知識やデータに基づき、説得力ある発言ができるようになれば、医療機関内での自分の立場向上に繋がるでしょう。