診療情報管理士のつらいこと、大変なこと、苦労

業務の重要性について理解を得にくい

現役の診療情報管理士、または以前診療情報管理士として働いていた人たちが語る業務上の苦労に、「周囲の業務に対する理解を得られにくい」という点があります。

診療情報管理の専任者を置くことによって、患者一人当たりにつき予算が支払われるという報酬改定が行われたのは2000年です。

それ以降、医療のIT化が進むにつれ診療情報管理士の重要性は高まってきましたが、医療機関内の他職種の同僚から「何をしているのかわからない人」という目で見られることがあるそうです。

診療情報管理士は、患者データの登録・管理をすることでスムースな診療体制を作り、統計調査やカルテ開示など経営にも関わる重要な業務を請け負っています。

しかし、基本的に周囲とコミュニケーションをとる機会が少なく、依頼された作業を管理士のみでこなしていくという業務形態が、周囲からの評価の低さに繋がってしまうようです。

勤務先によっては何でも屋になりやすい?

診療情報管理室を設けている大病院であれば、診療情報管理の専任者として同僚も数名あり、しっかりとした体制の下、診療情報管理業務のみに専念できます。

しかし規模が小さい医療機関では、診療情報管理士業務のみならず、受付関連業務や報酬計算などの一般医療事務も任されるケースが多いようです。

このため、「データ関係の仕事であれば全部この人に」という認識でさまざまなパソコン業務が回ってくるため、思い描いていた診療情報管理士のイメージとはかなり異なった業務形態になってしまうのです。

診療情報管理の専門家としての道を極めたいのであれば、就職先としての競争率は高いかもしれませんが、規模の大きい医療機関への就職を目指すのがベターかもしれません。

専門職であるが収入は伸び悩む

受験資格が指定校の修了か専用通信教育の修了、合格率は50%という難関試験を突破し資格を取っても、収入面では一般医療事務と変わらないという不満の声も聞かれます。

実際のところ、都市部でも初任給(基本給)が17〜18万円、地方では15〜16万円という低賃金の求人が目立ち、昇給があるとしても、生涯年収はそれほど伸びないのが実情といえます。

診療情報管理士資格だけでなく、その他の資格を併せ持つことで、よりマルチな活躍のできる人材としての魅力を高め、収入アップに繋げる努力が必要になりそうです。