診療情報管理士の1日

診療情報管理士の日常

ある医療機関の診療情報管理室に、専任の診療情報管理士として勤務している人の1日の例を挙げてみましょう。

8:30

出勤。院内メールなどをチェックし、その日の業務の優先順位を決める

9:00

情報管理室メンバーで軽く打ち合わせ。それぞれがその日担当する業務について、情報共有

9:15

その日到着した新患のカルテ情報登録。ICD10(国際疾病分類第10版)に沿ってコーディングを行いながら登録する。

また、再来の患者のカルテ情報の更新も行う。

11:00

その日到着した対象患者のDPC(包括医療費支払い制度方式)の診療報酬計算に必要なデータを抽出し、経理部門に提出。

12:00

カルテの記載事項についての質問を担当医師に確認。忙しい医師を午前診療時間中に捕まえることができず、休憩時間に話をすることに。

12:15

確認がスムースに済んだため、1時間の昼食休憩。

通常の休憩時間は12:00pm-13:00pmだが、この日は業務が休憩時間にずれ込んだため、13:15まで休憩。

13:15

院内がん登録作業。がんの種類を分類し、ICD10に沿って登録していく。診療報酬請求の際に重要な分類なので、神経を使う。

15:00

進行中の医療訴訟に必要なカルテの点検。カルテ開示の内容について、担当部門と相談。

15:30

経理部門から患者データ分析の頼まれ仕事。

16:00

在籍医師のカルテ記載評価登録。医師がカルテに必要事項を確実に記載しているか、病名に対する薬の処方は正しいかなどをチェックし、評価を付ける。

プライドが高く素直に評価を受け止めてくれない医師もいるので、言い回しには気を遣う。

17:00

業務終了、残業なしで帰宅。

週末には研修会に参加することも

週末には、診療情報管理士を対象とした研修会やセミナーが行われることがあります。

よほど理解のある職場でない限り、出勤扱いにはならず費用も自己負担ですが、有要な論文の発表や他の診療情報管理士との意見交換ができ、勉強になります。

長い目で見ればこうした投資が診療情報管理士としての実力を高めてくれ、結果的には勤務先での立場向上に繋がっていくでしょう。