診療放射線技師の役割

病院に不可欠な放射線のエキスパート

骨折をしたときにレントゲン撮影をしてもらう。そんなイメージが強い診療放射線技師ですが、バリウムを飲んで胃腸を検査する消化管造影も放射線を使っています。

また造影剤を使って血管や臓器の様子を見るのもX線が使われているのです。

このように、現代医療において放射線はなくてはならない大切な検査方法であり治療方法として確立されています。

この放射線を安全に管理しながら検査していく仕事が診療放射線技師です。

さらに、健康診断でますます重要度が増しているMRI検査や超音波エコー検査も診療放射線技師の担当です。

このように大掛かりな最新マシンを使いこなさなければならない診療放射線技師は、患者さんの健康と治療をサポートする大きな役割を持っています。

急増する放射線治療での大きな存在感

がんが日本人の死因トップとなったいま、治療法として放射線を選択する場面も数多くあります。

放射線治療は、がんの組織と正常な組織がそれぞれ異なった放射線感受性を持っているのを利用した方法です。

間違って使用してしまえば人体に有害となってしまう放射線を、いかに安全で的確に当てることができるかが治療の効果を大きく左右します。

放射線をどこに当てるかを医師が決めた後、実際に放射線を当てるのは診療放射線技師が行います。

そうすることで役割を分担することができ、より多くの患者さんへの治療が可能になったのです。

放射線そのものへの理解を得るために

放射能というだけで厳しい目が集まる現在、放射線は医療として不可欠なツールであるということを不安を感じる患者さんにわかってもらうことも大切な仕事になっています。

自然状態でも人は常に放射線に囲まれているという事実や、大きな病気もレントゲン検査やアイソトープ検査のおかげで早期発見できるようになったという利点も重要です。

これからの診療放射線技師には、放射線検査や放射能治療が適切に利用すれば安全で有効なものであるということをわかってもらう努力も求められます。