診療放射線技師の魅力

患者さんと毎日触れ合う業務も

病院で働くということは、患者さんの命に直接ふれあうことになります。

誰かのために役に立ちたいという気持ちがある人なら医療現場に欠かせない放射線を扱う仕事はやりがいも大きいものでしょう。

ほとんどの人は、診療放射線技師の仕事というとレントゲンを撮ってもらうときにちょっと声を交わして撮影するような印象が強いかもしれません。

しかし、それはたくさんある診療放射線技師の業務の一つにすぎません。

患者さんとコミュニケーションを求められる場面もあります。とくにがん治療の一つとして大きな役割を持つ放射線治療では、患者さんと毎日のように接することになります。

医師と連携しながら診療放射線技師みずからが放射線メスを使って治療を行います。

コンピューターを使った治療計画をもとに、放射線の当て方を検証しながらの地道な作業です。

放射線治療を通して患者さんの治療に効果が出た時の喜びは大変大きなものといえるでしょう。

縁の下の力持ちとしての検査業務

放射線治療のように患者さんと間近に接する場面もありますが、多くの業務は検査のあと医師が診断するためのデータをまとめることにあります。

コツコツと丁寧さが求められます。

正確な画像や検査データは患者さんの治療方針を大きく左右する重要なものばかりです。

それが健康診断であれば患者さんの病気の早期発見・早期治療にもつながるということになります。

医療現場に欠かせない仕事であるため、需要も安定しています。

また、24時間体制で動いている大きな病院などでは、夜勤や休日出勤もありますが、そのぶん高い給料も見込むことができます。

患者さんの役に立っているという充実感と医療職としての安定した待遇が診療放射線技師の魅力といえます。