診療放射線技師の就職先・活躍の場

就職先は病院か検診施設が大半

診療放射線技師が活躍できる場所は放射線を扱う医療機関となります。なかでも病院と検診施設が多くを占めています。

病院といってもその規模によって働き方には違いが見られるようです。

まず、都市の中核病院のような中程度から大規模な病院の場合、それぞれの検査分野を担当制で運営しているところが多くなっています。

たとえば、一般撮影やCTスキャン検査で1年から数年程度、経験を積んでからより専門的な分野に担当を任されて行くというシステムを取っています。

メリットとして、一つの分野の専門性を深めることができるため、より深く仕事に対する追求や経験を積むことが可能です。

また、大規模な医療施設であれば、最新医療技術を積極的に導入していますので、業界最先端のスキルをいち早く身につけることもできるでしょう。

一般的に、収入は高めで待遇も良いです。

一方、病院でも街のクリニックや病床数の少ない病院では、一般撮影やCT検査、MRI検査、そしてバリウムによる胃や大腸の透視検査が中心です。

所属している診療放射線技師なら誰でもこなせるような業務がほとんどですが、それは人手が少なく、他の人の業務をサポートできなければならないためです。

検診施設も根強い人気

財団法人などが運営している検査施設への就職も人気が高く、規則的なワークライフが送れます。

施設内に設置されている検査センターのほか検診車で企業や学校に行き胸部X線や胃検診、マンモグラフィー、骨密度検査などを行います。

毎日の業務が決められているため専門を深めたい人にはピッタリといえるでしょう。

ここでの経験を生かして、大規模な病院に転職するケースも見られます。