森林インストラクターと樹木医の違い

樹木医との資格の違い

森林インストラクターは森や林などの雄大な自然に囲まれて仕事をしています。

森林インストラクターと同じように大自然のなかで仕事をする職業として「樹木医」がありますが、このふたつの職業には大きな違いがあります。

ここでは、その違いについて紹介します。

まず、資格の違いです。

森林インストラクターを名乗って仕事をするにあたっては、一般社団法人である全国森林レクリエーション協会が主催する資格試験に合格し、森林インストラクターの名簿に登録することが必要です。

一方、樹木医の場合は、一般財団法人である日本緑化センターが実施する樹木医研修を受講して資格審査に合格し、樹木医として登録することが必要です。

樹木医の資格試験を受けるにあたっては、樹木の診断や治療に関する業務経験が7年以上あるか樹木医補の資格を保持しているかの条件があり、この受験資格を取得するのは決して簡単なことではありません。

したがって一般的には、樹木医の資格を取得することのほうが、より専門的な経験や知識が必要と考えられています。

樹木医の仕事

樹木医との仕事の違い

森林インストラクターと樹木医は、仕事の内容にも大きな違いがあります。

森林インストラクターは森の案内人役として活動しますが、樹木医は森や林を守るために活動しており、樹木の診断や治療だけでなく樹木の保護をしたり新しい樹木を育てるための指導を行ったりしています。

また、森林インストラクターは広報活動やレクリエーションに携わることが仕事の大きな柱となっていますが、樹木医の場合は樹木のメンテナンスに携わることが使命となっているのです。

ただし、どちらも、自然をこよなく愛する人にこそ務まる職業だという点では違いがありません。

実際に、森林の現場では森林インストラクターと樹木医が連携したり意見を交換したりしながら活動を進めることもあります。

また、樹木医と森林インストラクターの両方の資格を保持している人もいます。

ふたつの資格があれば仕事の幅も大きく広がり、森林を保護することや育てることから森林の仕組みを多くの人に伝えることまで、さまざまな形で樹木と関わることができるようになります。

ただし、両方とも資格試験が難しいので、合格するためには努力が必要です。