森林インストラクターの魅力

好きなことを仕事にする幸せ

森林インストラクターをめざす人は自然を愛している人ばかりなので、好きなことを仕事にできることに一番の魅力を感じている人が多いようです。

森林インストラクターになれば、毎日たくさんの緑に囲まれて美味しい空気をたっぷりと吸い、清らかな川の流れに触れることができます。

そして太陽をたくさん浴びて日焼けした体で、汗をかきながら思いっきり体を使って働くことができるのです。

都会のサラリーマンのような、満員電車の人混みの辛さやオフィスビルの中で一日を過ごす閉塞感とは無縁です。

また、出世へのプレッシャーや営業のノルマ、取引先への接待なども関係ありません。

いつも自然と向き合い、自然のペースに合わせながら働くことができるのです。

そのことに何よりの魅力を感じられるのでれば、森林インストラクターという職業が最高に幸せな職業と思えるでしょう。

アイディア次第で広がる楽しみ

森林インストラクターの仕事は、森を訪れた人を案内するガイドツアーやレクリエーションを担当することが多く、その企画はインストラクター本人に任されているのが一般的です。

事前に森を散策しながら下見をし、「この植物は珍しいのでぜひ見てもらおう」「このスポットで野鳥の観察をしよう」などと自分で考えながら企画の内容を決めていきます。

このようなガイドやレクリエーションに正解はなく、可能性は無限大です。

アイディアによってどんどん面白くすることができるので、森林インストラクター自身もワクワクしながら準備を進めることができます。

また、お客さんに対するトークやプレゼンテーションのときも、森林インストラクターの腕の見せ所となります。

トークの上手な人は、お客さんをどんどん引き込むことができますし、より多くの反応が返ってくるのを感じることができます。

自分自身のアイディアやトーク力を存分に発揮できるという点で、森林インストラクターはチャレンジのしがいがある魅力的な職業といえるでしょう。