心理カウンセラーの通信講座

資格を取得するための通信講座

心理カウンセラーの資格には、現在のところ国家資格がなく、多数の民間資格が存在する状況となっています。

そのため、心理カウンセリングを専門として働く人の活躍の場は多岐にわたっているものの、医師や弁護士などのように、この仕事をするためには絶対にこの資格を取らなければならない、というものは基本的にありません。

職場によっては「臨床心理士」といった特定の資格が必要とされることもありますが、資格はそこまで重視されないこともあります。

ただし、心理カウンセラーとして働くうえでは、心理学の専門知識やカウンセリング技術を身につけておくことが必要です。

基礎から体系的に学ぶためには大学の心理系学部に進学することが推奨されますが、そこまで時間とお金をかけることが難しい場合には、通信講座を利用すれば比較的手軽に心理カウンセラーに必要な基礎知識を学びながら、資格取得の勉強をすることができます。

通信講座を通して取得できる心理カウンセラーの資格は、以下のようなものがあります。

・メンタルケア・アドバイザー
・メンタルケア心理士
・メンタル心理カウンセラー、上級心理カウンセラー
・認定初級心理カウンセラー

このほかにも、多数の民間資格があります。

ただし、この仕事は資格よりも経験や実力が重視されることが多いため、通信講座でこれらの資格を取得したとしても、それだけで絶対に就職できるとは限りません。

大学の通信教育部

このほか、一部の大学の通信教育部において心理学について学ぶことも可能です。

大学の通信教育部で学べば、認定心理士、心理相談員、応用心理士、産業カウンセラー、臨床心理士など、業界内でも比較的知名度の高い心理系の資格の取得を目指すこともできます。

通信講座が数ヵ月から半年程度で学べるのに対して時間はかかりますが、確実に将来につながる学び方をしたいのであれば、大学で学ぶことも視野に入れてみるとよいでしょう。