心理カウンセラー向いている人、適性

相手に関心を示し、共感できる人

心理カウンセラーの仕事の基本は、カウンセリングです。

クライアントと1対1で向き合うカウンセリングにおいては、クライアントの声にしっかりと耳を傾け、共感する姿勢が不可欠となります。

そのためには、まず相手に関心を示すことから始まります。

そして、言葉だけでなく、適宜うなずいたり微笑んだりといった表情や仕草などを通して、「あなたの話をきちんと聞いていますよ」ということを伝える必要があります。

クライアントに安心して話をしてもらうためには、共感することが欠かせません。

温かな心を持ち、どのような人に対しても偏見や先入観を持たず、無条件で受け入れて話を聞けるような人が、心理カウンセラーには向いているといえます。

ただし共感はしても、カウンセラー自身の精神がそれに引きずられてしまってはいけません。

カウンセラーは重い話を聞くことも多いため、ちょっとしたことに動じない精神力を持っている人に適しているといえるでしょう。

向上心と知識欲にあふれる人

心理学は奥が深く、専門的な知識がたくさん必要になるからこそ、心理カウンセラーは常に自己研鑽に励むことが大切です。

また、クライアントが抱える悩みは複雑なものも多く、薄っぺらい知識だけでは到底解決できるものではありません。

しっかりと勉強を続け、日々の経験から学んでいく気持ちが欠かせません。

もっと多くの人の悩みを解決できるようになりたいという情熱を持ち、知識欲にあふれる人であれば、心理カウンセラーとして長く活躍していくことができるでしょう。

社会や地域への関心と広い視野を持てる人

基本的に、カウンセリングは1対1という狭い世界で相手と向き合いますが、決してカウンセラーが閉鎖的になってはいけません。

クライアントは学校や会社、家庭、地域など、それぞれの社会生活を送る中で悩みを抱え、苦しんでいます。

カウンセリングによって、クライアントもは社会に適応していくことを目指していくわけですから、カウンセラーも常に社会という存在を頭に置き、それに基づいてカウンセリングを行う必要があります。

また、時代によって社会のあり方は変わりますし、人々の価値観も変化していくものです。

小さな枠組みにとらわれず、広い視野を持てる人、さまざまなものやことに興味を持てる人のほうが、この仕事には向いているといえるでしょう。