神父・牧師のやりがい

魂の再生を手助けする喜び

神父や牧師の仕事のひとつは、魂の再生を手助けすることです。そのために不可欠なのは、自らが、信仰を通じた救済や神の愛を実感しながら生きることだといいます。

悩みを抱える人に向き合う場合、そうした日々の実感が、神父や牧師の言葉に力を与え、相手に信仰の力と希望を感じさせやすくなります。

話し込む中で、相手の暗く沈んでいた顔が、イキイキと明るくなっていくとき、多くの神父、牧師はやりがいを感じます。

教会にやってきたものの、心に深い闇を抱え、なかなか通じ合えなかった人が、とうとう『洗礼』(入信の儀式)を受けることになったり、「あの時のお話で、私の人生が変わりました」と手紙をもらったりすると、本当に嬉しく、感無量だといいます。

さらに、臨終の床にある信者に穏やかに天に召されるための儀式『病者の塗油(とゆ)の秘跡』や『聖餐式』を授けて、死への恐怖を緩和し、安らかな旅立ちへと導けたときには、重要な務めを果たした充足感があるようです。

信仰の素晴らしさを悩める人の心に届けるのは、簡単ではありません。

だからこそ、それが伝わり、闇に沈みかかっていた人が立ち上がるのを目の当たりにするとき、大きな喜びとやりがいを感じるのでしょう。

次世代にキリスト教を伝える使命

神父はカトリック教会の聖職者、牧師はプロテスタント教会の教職者ですが、いずれの教会もキリスト教の宗派です。

約2000年前に、キリストが宣教を始めたといわれるキリスト教は、現在、世界最大の宗教で、世界人口のおよそ3割に当たる約22億人の信者を抱えています。

2000年もの長い歴史を持ち、膨大な数の人々に信仰されているのは、キリスト教が無数の人々に救いと希望を与えてきた結果といえます。

このキリスト教の教えは、遥か昔に生きた神父や牧師などのキリスト教指導者から、今日に引き継がれてきました。

現代の日本に生きる大半の神父、牧師も、上の世代からの学びを踏まえて職務に励み、信仰の道を次世代に伝えようとしています。

連綿と続いてきたキリスト教。その中で生きる力を得た多数の人々に思いを馳せ、伝える使命や責任を感じる神父や牧師は少なくないでしょう。

こうした使命感や責任感が、やりがいにつながっていくのです。