結婚式アルバイトの神父・牧師

チャペルでの結婚式はアルバイトの牧師・神父が活躍中?

結婚式場やホテルに併設されたチャペルでの結婚式。

式を執り行うのは、プロテスタント教会の牧師?それともカトリック教会の神父?あるいは、一般人がアルバイトで牧師や神父の扮装をして、式を進めているのでしょうか?

正解は、教会に属しているわけでもない一般人のアルバイトの牧師と本物の牧師です。多くの場合、アルバイトの牧師ですが、本物の牧師が司式する場合もあります。

しかし、本物の神父やアルバイトの神父が行うことはまずありません。

その理由は、プロテスタントとカトリックの結婚に対する考え方の違いにあります。

アルバイトの牧師が必要な理由

各教派の結婚観の違いの前に、まず、アルバイトの牧師を起用せざるを得ない事情について触れておきましょう。

一般に、結婚式は週末、祝日など、休日に挙げるものです。牧師は、日曜日は礼拝、土曜日はその準備に追われるので、牧師に週末の司式を依頼しても、なかなか引き受けてもらえません。

そこで、結婚式場やホテルでは、人材派遣業者から一般人であるアルバイトの牧師を派遣してもらい、式を行うわけです。

アルバイトの牧師の大半は、いつもは英会話講師など別の仕事に就いている外国人男性だそうです。

本物の牧師もチャペルで活躍

さて、プロテスタントでは、結婚式を宗教儀式とはとらえていません。

また教会によっては、挙式に先立ち結婚を学ぶ機会を設けたり、結婚予定の二人に事前に礼拝への参加を求めたりしますが、すべてのプロテスタント教会がこれらを義務付けているわけではありません。

また、プロテスタント教会では、再婚であっても理由によっては、挙式を受け付けます。

プロテスタントでは、結婚式に厳しい縛りがないだけに、牧師は比較的自由にチャペルでの挙式に協力できるようです。

加えて、司式による収入増も、経営的に豊かではないプロテスタント教会にとっては貴重です。

これらのことが背景にあるので、本物の牧師が、チャペルで挙式を執り行っていたとしても不思議ではありません。

なぜ、神父はチャペルに行かないか

一方、カトリックでは、結婚式を宗教儀式(「婚姻(結婚)の秘跡」)ととらえているため、通常、教会の神聖な聖堂で行います。

原則的に、信者以外の結婚式も引き受けますが、結婚する二人には「結婚準備講座」(結婚についての教会の教え)受講が義務付けられています。

また、死別以外の理由での再婚は受け付けません。

こうしたことから、カトリック教会の神父が、商業目的で運営されている結婚式場にわざわざ出向いて、挙式に協力することはあまりないと考えられます。

華やかな結婚式場の実情には、カトリック、プロテスタントそれぞれの結婚観が反映されているといえます。