牧師(キリスト教伝道師)下村 明矢さん

1960年大阪生まれ。灘高校卒業後、早稲田大学在学中に洗礼を受ける。伊藤忠商事に就職し、計14年の中国駐在を経て、田島ルーフィングへ転職。同社で働きながらJTJ宣教神学校へ進学し、2011年4月より「ITCN月曜集会」で福音を述べ伝えている。東京プレヤーセンター理事。

HP:ブログ 下村ノート

「伝道師」の仕事内容について教えてください。

「伝道師」としての仕事のみをしているのではなく、ほかの仕事と兼業して働いています。

日頃は企業の営業職として働きながら、月に一度伝道師として「東京プレヤーセンター」にて聖書の内容を伝えています。ビジネスマンという経験も生かして、日常生活での悩みごとなどを取り上げて聖書の話をしています。

参加してくれる方の半分はビジネスマンです。また、学生の頃から合気道をやっているので、集会の始めには海外ビジネスマンに役立つ護身術のプチ講座なども行っていますよ。

「牧師」と「伝道師」はどのようにちがうのでしょうか?

「牧師」とは、プロテスタント教会の指導者のことです。礼拝で説教をし、洗礼式や結婚式を執り行い、信徒を指導するために365日24時間従事している方をさします。いつ行っても話ができるというのが牧師です。

「伝道師」はプロテスタント教会の信者で布教活動をしている人のことです。常に教会にいるとは限りません。私は企業で働きながら、兼業として聖書の内容を伝えていますので、伝道師になります。

また、説教の相手も異なります。牧師は週に一回説教しますが、信者に向けて語ります。牧師はその人の人生に寄り添う「牧会」が主な仕事です。

それに対して、伝道師は初めてお会いする人に対して語ります。信者を増やすということが目的ですので、伝道師はある意味営業マンの仕事に似ているかもしれません。

ちなみに牧師も伝道師も、女性がなることもできますよ。

牧師ではなく、伝道師となったのはなぜでしょうか?

interview-photo2

私にとっての持ち味は、企業で働いているという経験や、お金を稼ぐ苦労、ビジネスマンの生活を理解できていることだと思っています。ですので、兼業でもできる伝道師の方が、キリスト教を伝えるのに活きるのではと感じています。

また、現実的な話、子どもを3人抱えている父親として、牧師では経済的な難しさがあったという理由もあります。それは、伝道師は兼業でできるのに対して、牧師は専業で一年中信徒を指導しなければいけない立場だからです。

聖書の教えで、信徒の献金は収入の10分の1が目安となっているので、だいたい10家族からの献金を受けると生活ができるようになると言われていますが、神学校を出て2年目の私にとっては信徒を集めることは容易ではありません。

いまは、企業に勤めながらボランティアで布教活動に携わるというスタイルが、とても自分に合っていると感じています。

伝道師になったきっかけはどのようなものでしょうか?

私は中国と日本のハーフなのですが、大学2年の秋、留学のため、初めて中国に行きました。そのときに同行した留学生の中にクリスチャンの女性がいて、200冊もの中国語の聖書を持ち込んでいました。

当時は、言論統制が行われていた文化大革命が起きているころだったので、聖書の持ち込みは危険な行為だったのですが、私は訳のわからぬまま、彼女の聖書運搬の手伝いとして、地下教会に足を踏み入れたのです。

そこでは中国のクリスチャンたち20名が待ち構えていて、私たちが到着するやいなや、「日本の兄弟姉妹が命を懸けて聖書をもってきてくれたぁ。」と声を殺して涙し、力いっぱい抱きしめてくれました。

そこでのリーダーとの出会いが、のちに信仰を持つようになったきっかけです。