審判になるには

協会の設けた資格を取得する 日本で審判になるには、競技によって、その手段は異なりますが、大きくは2つに分けられます。 1つは、サッカーやテニス、バレーボールの審判のように、協会が実施する講習会や筆記試験、実技試験などを受 … 続きを読む

審判に向いている人、適性

そのスポーツの経験者 審判は、そのスポーツが大好きな人でなければ務まりません。そして、経験者であれば、なお適任です。 もちろん経験者でなくても、審判になれますが、経験者の方が細かなところまで目が届きやすく、つぎの展開も予 … 続きを読む

審判に必要なこと、求められること

審判には「人間性」が求められる 審判に必要なことは、競技種目を問わず、「人間性」と言われています。 「人間性」というのは、人間が生まれながらにして備えている性質、つまり「人間らしさ」です。 具体的にいえば、審判はどんな時 … 続きを読む

サッカーJリーグの審判になるには

プロフェショナルレフリー 日本のサッカー界で、プロの審判として活動する人を「プロフェッショナルレフリー(PR)」と呼んでいます。J1で主審や副審を務めたり、W杯で審判をするのも、このPRです。 2015年4月現在、PRは … 続きを読む

野球の審判になるには

審判として生活できるのはプロ野球だけ 日本の野球界で、審判としての収入だけで生活できているのはプロ野球の審判だけです。 高校野球や大学野球、社会人野球、さらには独立リーグなどの審判は、他に本業をもっていたり、アルバイトを … 続きを読む

バレーボールの審判になるには

審判で生活はできない 日本のバレーボールの審判員で、審判として生活している人はいません。 プレミアリーグや国際試合の審判をしても、報酬はだいたい一日数千円。交通費やお弁当も出るところが多いようですが、アルバイト代ほどにし … 続きを読む

テニスの審判になるには

審判員はボランティア テニスの国際審判員になると、ウインブルドン大会や全仏大会といった4大大会でも審判を務めることができます。 また、海外で行われる大会で審判をするため、1年に4、5ヵ月も海外を飛び回ることがあります。 … 続きを読む

審判の資格

各スポーツに共通の国家資格はない スポーツの競技審判になるために必要な国家資格、または、各スポーツに共通する特別な資格はありません。 審判になるための資格は、それぞれの競技団体ごとに設定されています。 ラグビー審判の資格 … 続きを読む

女性の審判

野球の女性審判 野球の場合、高校や大学の試合では女性の審判も存在しています。しかし、プロ野球の審判は、男性しかなることができません。 女子プロ野球の審判には、女性もなることができます。しかし、報酬は高校や大学の審判と同じ … 続きを読む

審判の給料・年収・収入

生活できるのはプロ野球とサッカーの一部 審判は、試合の進行に欠かせない存在ですが、日本において、審判として生活できるのは、プロ野球の審判とサッカーの審判の一部だけです。 プロ野球とサッカーの一部審判以外は、ほとんどがボラ … 続きを読む