派遣の鍼灸師

鍼灸師は派遣で働ける?

国家資格を得た鍼灸師は、鍼灸院を中心に活躍しています。ここでは正社員や常勤といったフルタイムで働く人だけでなく、アルバイトやパート、さらに派遣として働く人も存在します。

しかし、街の鍼灸院は個人で経営する小規模のところも多くあります。

そうしたところは、たとえ人を雇うとしても、養成学校在学中の学生を見習いとして受け入れたり、あるいは受付や事務スタッフをアルバイトとして採用するケースが目立ちます。

鍼灸師の場合、派遣として働く人はさほど多くないのが実情のようです。

チャンスを広げるために派遣会社に登録

鍼灸師として患者さんに治療を行う場合は、たとえアルバイトであろうと、派遣であろうと、「はり師」や「きゅう師」の国家資格が必要になります。

こういったことから、鍼灸院などで派遣の鍼灸師が募集される場合は、ほぼ確実に即戦力になれる人が求められることになります。

全体として、鍼灸師の就職状況はあまり良いとはいえず、せっかく国家資格を取っても正社員としての就職先が見つからないという人も珍しくはないようです。

そのため、養成学校卒業後は医療職を扱う派遣会社に派遣として登録しておき、仕事を紹介してもらえるチャンスを待つということも必要になってくるかもしれません。

派遣で働くメリット

派遣で働く場合は、基本的に時給で給料が支払われます。実力や経験によりますが、時給1000円〜2000円に収まるのが一般的なようです。

派遣は決められた期間のみ働く場合が多いため、新人の鍼灸師が、長期的な目で見てキャリアを築いていくには不安な面もあるかもしれません。

しかし、鍼灸師は経験を積むことで独立開業をする人が多くいます。実力を磨くために、派遣でさまざまな現場を経験してみるのも、一つの考え方といえるでしょう。