アルバイトの鍼灸師

治療を行うには、アルバイトでも国家資格が必要

鍼灸師、つまり「はり師」や「きゅう師」の国家資格を取得している人は、じつにさまざまな領域で活躍しています。

代表的な就職先となる鍼灸院のほか、スポーツトレーナーとして、介護福祉施設などの介護業界で、あるいはエステサロンなどの美容業界で働く鍼灸師もいます。

しかし、そのような場では正社員としてではなく「アルバイト」として活躍している人も少なくありません。

皆さんは、アルバイトやパートというと「学生や主婦が好きな時間に短時間だけ働けるもの」といった気軽なイメージを持つかもしれません。

ですが、鍼灸師として患者さんに治療を行うのであれば、たとえアルバイトであろうと国家資格が必要になります。

学びながらアルバイトをする人も多い

鍼灸院によりますが、「はり師」「きゅう師」の国家資格を持っていなかったとしても「アシスタント」や「見習い」といった形でアルバイトとして雇ってもらえることもあります。

この場合、自分が直接患者さんへの治療を行うことはできないため、任される仕事内容は受付、院内の清掃、道具の準備などが主となります。

しかし、先輩鍼灸師の仕事を間近で見ることができるため、鍼灸師の養成学校に通いながら、鍼灸院でアルバイトをする学生もいるようです。

その後、国家資格を取得することで、同じ鍼灸院にて正社員へとステップアップできるケースもあります。

アルバイトとして働くメリット

アルバイトで働く最大のメリットは、「時間に融通が利きやすい」ということでしょう。

たとえば、

「すでに鍼灸師の資格があるけれど、さらにスキルアップを目指し、柔道整復師の資格をとるための学校に通いながら働きたい」

という人や、

「家庭があるためフルタイムで働くのは難しい」

といったさまざまな事情がある人でも、アルバイトであれば鍼灸師として無理なく働き続けやすいといえます。

独身時代には正社員でバリバリ働いていたけれど、結婚や出産を機に一度現場を離れ、再度アルバイトとして鍼灸師の国家資格を生かして働く人もいるようです。

アルバイトとして働くデメリット

しかし、雇用形態がアルバイトであることでの不安も考えられます。

アルバイトは普通、毎月決まった給料がもらえる固定給ではなく「1時間あたりいくら」の時給制となっているため、その月に働いた時間によって毎月の給与額は左右されてしまいます。

勤務先の都合によって、希望した通りのシフトで働けないこともあります。

また、ボーナスの支給や福利厚生、社会保険などの待遇に関しても、アルバイトは正社員ほど充実していない場合が多いです。

アルバイトの鍼灸師として活躍している人は「尊敬できる師匠の下でノウハウを学ぶため」あるいは「近い将来の独立を視野に入れた修業」として、期間を決めてアルバイトとして働いているケースが多いようです。

将来的に正社員への就職を目指すにしても、独立開業を目指すにしても、アルバイトの鍼灸師としてしっかりと働けば、そこで培った経験は大きな力となるでしょう。