鍼灸師の給料・年収

鍼灸師の給与相場

鍼灸師は、街の治療院にいちスタッフとして勤務している人もいれば、独立し、自分で治療院を開業している人もおり、おのおのの実力や経験などによって収入は異なります。

鍼灸院のスタッフとして働く場合、平均年収は350万円〜400万円くらいが相場だといわれています。

月収でいえば18万円〜20万円ほど。あまり高い収入が望めるわけではありませんが、経験を積んでいくことで昇給する場合もあります。

一般的には、毎月決まった給料がもらえる「固定給」のところが多いようですが、一部では「歩合制」をとっているところもあります。

歩合制の場合、鍼灸師の実力や患者さんからの指名によって、給料が変動します。腕を磨き、たくさんの患者さんを治療できるようになれば、他の同年代の鍼灸師よりも大きな収入を得ることが可能です。

「鍼灸師」としての求人は少ない

鍼灸師の就職状況について見てみると、実際には「鍼灸師」としての求人はあまり多くなく、鍼灸師と同様に国家資格である「あん摩マッサージ指圧師」や「柔道整復師」の資格を併せて取得している人の需要が大きいようです。

あん摩マッサージ指圧師の仕事
柔道整復師の仕事

あん摩マッサージ指圧師や柔道整復師の月給は、月給20万円〜25万円くらいが相場です。

年収は350万円〜450万円がボリュームゾーンとなるでしょう。鍼灸師だけの技術を生かす職場より、若干ではあるものの、高めの給与水準となっているようです。

また、マッサージ系の仕事では歩合制をとる職場も多いため、実力があれば給与は上がります。

もし、鍼灸師のみで仕事を続けていくのであれば、安定して稼げるようになるためにも、独立することを目標にしてプランを立てておいた方がよいかもしれません。

独立開業し、成功すれば大幅な収入アップも可能

鍼灸師として経験を積み、独立開業して成功すれば、雇われ鍼灸師の平均年収を超えた年収を実現することも難しくありません。

また、テレビや雑誌などで紹介されるような有名な鍼灸師になれば、年収1000万円を超えることも可能です。

ただし、鍼灸の治療は保険の適用が難しいということや、自分で院を動かしていくとなれば経営の勉強も必要となります。成功は容易ではありません。

なお、鍼灸師が開業した場合の給与は、売上額に大きく影響されます。売上の中から営業に必要な家賃や光熱費、諸経費などを差し引き、自分の取り分を決めていくわけです。

一般的に、鍼灸院では「40分で○○円」という形でお客さまから料金をもらっています。

その金額が高ければ高いほど患者さん1人当たりの売上は増え、自分の手取りも増やすことが可能ですが、あまりに高ければ患者さんの足が遠のいてしまう可能性もあります。

料金をどのように設定するかも、経営者としての腕の見せどころになります。

チェーン店の鍼灸院長の給与相場

鍼灸師は、自分で独立して鍼灸院を開業する以外にも、院長になれる機会があります。

それは、チェーン展開している鍼灸院の院長の地位に就くことです。繁盛すれば、月給50万以上も実現可能といわれています。

ただし、実務未経験者がいきなり院長になれるチャンスはそうありません。まずは治療院などに勤め、しっかりと修業し、能力が認められれば院長に起用されるようです。