鍼灸師の勤務時間・休日

鍼灸師の勤務時間

鍼灸師は、鍼灸の治療院を中心に、スポーツや介護・美容業界など、多様な領域で活躍しています。

勤務先や働き方によって勤務時間はだいぶ異なってきますが、鍼灸院に勤めている鍼灸師の場合は、鍼灸院の営業時間に合わせた「シフト制勤務」になることが一般的です。

鍼灸院は、一般的に朝9時ごろに診療開始となり、夕方から20時頃までに診療終了となるところが多くなっています。

最近では会社員の人が仕事後に立ち寄れるようにと、とくに都市部においては夜遅くまで営業しているところも少なくないようです。

もし鍼灸師として独立開業すれば、自分で決めた診療時間を中心に働くことになるでしょう。

また、患者さんからの依頼に応じて出張訪問する働き方の場合は、患者さんの都合に合わせて仕事をすることも多くなります。

鍼灸師の休日

鍼灸院の鍼灸師として働く場合、一般的に、休日は鍼灸院の休業日となります。

日曜や祝日は休みのところが多いようですが、患者さんの層やニーズに沿うため、土曜日は午前中のみ営業している鍼灸院が比較的目立ちます。

そうなると、日曜、祝日は休みで、土曜日は半日休暇というケースもあります。

勤務時間も休日も、状況は鍼灸院によってだいぶ異なると考えておいたほうがよいでしょう。

1日の労働時間と残業の状況

ある鍼灸院の募集要項を見てみると、「朝9時から夜の9時まで」という勤務時間が設定されています。

これだけ見ると、1日当たりの労働時間は12時間と、ものすごく長く働くように思えますが、実際には連続で12時間働くわけではありません。

多くの鍼灸院では、「午前」「午後」と診療時間を分けており、間に昼休みを挟みます。

昼休みは短くても2時間程度、長ければ3時間半程度取られていることが多く、そうなると、休憩を除いた実質の労働時間は1日8時間程度となります。

休憩時間には、外で食事をとったり、治療院の休憩室で身体を休めることができますが、休憩時間も含めると、鍼灸師は1日の大半を治療院で過ごすことになります。

独立すれば、自分の思うような勤務時間で働きやすくなりますが、雇われとして働くのであれば、それなりに長く働く覚悟は必要といえます。

残業はさほど多くありませんが、患者さんが多い場合は、営業終了後の掃除や片付けなどに時間がかかる日もあります。