海外で働く鍼灸師

鍼灸師は海外でも働ける?

日本で取得した「はり師」「きゅう師」の国家資格は、日本国内のみにおいて有効です。

海外でも、国や地域によっては鍼灸の仕事をするために独自の免許制度が設けられています。たとえばオーストラリアでは国家登録というものが必要になりますし、アメリカは州ごとに別の免許制度があります。

いくら日本の国家資格があるからといって、こういった独自のルールを定めている国において現地の免許を取得しないまま治療を行えば、違法行為になってしまうため注意が必要です。

海外の免許をとるのは大変

海外で鍼灸師の免許を取得するのは、決して簡単なことではありません。現地の学校で一定期間学ぶ必要がありますし、就労ビザの取得など、さまざまな壁を乗り越えていく必要があります。

こういった苦労をせず、日本で身に付けた鍼灸のスキルを生かしてみたい場合は「ボランティア」という道もあります。

たとえば青年海外協力隊などの国際的なボランティア関連の組織では、鍼灸師の国家資格を持っている人を募集することがあります。

また、鍼灸師の免許制度が設けられていない国では、そのまま現地で鍼灸治療を行うことも可能となっています。

ただし、そういった国は鍼灸自体があまり普及していない場合が多く、仕事としてやっていくには苦労するかもしれません。

船上で活躍する鍼灸師も

また近年、世間から大きな注目を集めているのが、世界の海上をクルーズをする豪華客船に乗り、乗客に鍼灸治療を行う鍼灸師です。

たとえば、世界中の高級ホテルや船上でスパを経営する「スタイナー」というイギリスの会社では、実力のある日本人鍼灸師を積極的に採用しており、これまでに数多くの日本人鍼灸師が活躍しています。

この会社に採用された鍼灸師は研修を受け、1回の契約で約4ヵ月間乗船し、航路に沿ってさまざまな土地をめぐりながら働きます。

はり師、きゅう師の国家資格に加えて英語力、そして人間性が認められれば、このような場で多様な人種や国籍を持つ人々に対し、東洋医学を広めるチャンスも掴むことができます。