鍼灸師に必要なこと、求められるもの

患者さんのことを大切に思う気持ち

鍼灸師は、患者さんの存在なくして成り立たない職業です。

養成学校で習うことは、ほんの基礎でしかありません。

現場に出てから日々、さまざまな患者さんと全力で向き合い、患者さん一人ひとりが抱える症状を改善するために全力を尽くすことで、自分も大きく成長していくことができます。

その中で、鍼灸師が最も大切にすべきことは「信頼」です。

問診では、患者さんのプライベートなことまで聞くことがありますし、治療をする際には患者さんの身体に直接触れることになります。鍼灸師と患者さんの間の信頼感なくして、いい治療はできません。

自己犠牲とまではいわなくても、どれだけ忙しくても、どれだけ疲れていても、常に患者さんを大切に考えられること。

これが、鍼灸師にとって何よりも大切なことだといえます。

患者さんとの深いコミュニケーション

患者さんは、身体のどこかに不安や悩みごとを抱えており、それらを鍼灸によって解決していくのが鍼灸師の役割です。

患者さんに安心してもらうためには、ただ黙々と治療を進めるだけでなく、その前後で症状や治療内容について適切に伝えていくことが欠かせません。

相手の気持ちをよく考えながら、わかりやすく、丁寧にコミュニケーションをとることが大切です。

「技術力があること」ももちろん大切ですが、それ以上に「この先生にお願いすれば安心!」と心から頼られる存在になってこそ、プロの鍼灸師だといえます。

探究心を持って、勉強し続けること

鍼灸の世界は、とても奥が深いものです。また、鍼灸師でありながらも、他の東洋医学について研究したり、最近では西洋医学との連携を図ることで、より多様な治療を行うことを目指している人もいます。

ゴールのない仕事だからこそ、この仕事を続ける限り生涯にわたって勉強を続け、自分を高めていく努力が欠かせません。

「もっとこういうことを知りたい」「できないことができるようになりたい」といった探究心や情熱を持てる人であれば、鍼灸師としてどんどんレベルアップできるでしょう。