副業の鍼灸師

副業として鍼灸師ができる?

鍼灸師は、その仕事を専業としてやっている人が多数いる一方、副業で働いている人もいます。

しかし、たとえ副業であれ、患者さんに対して鍼灸治療を施すのであれば、鍼灸師の国家資格が必要です。

つまり、3年や4年程度の時間をかけて大学や専門学校などの鍼灸師養成施設で学び、国家試験に合格して、鍼灸師として登録しなくてはなりません。

鍼灸師の場合、副業といっても、誰もが簡単にできるものではないという点には注意が必要です。

いくつもの治療法を組み合わせている人も

鍼灸師と同様「治療家」といわれる職業に「柔道整復師」や「あん摩マッサージ師」などがあります。

鍼灸治療の知識や技術を持っている人が、普段は鍼灸師としてではなく整体やマッサージの仕事をメインにしながら、鍼灸治療も行っている例は珍しくありません。

鍼灸師は独立開業をしている人も多いですが、実態として、鍼灸の施術のみで治療院を運営していくのは難しいといわれています。

しかし、鍼灸と他の手技を組み合わせることで、より患者さんの幅広いニーズに対応することができ、提供できる治療の幅も広がります。

こうした場合、鍼灸師の仕事は副業と捉えているような人もいるようです。

訪問治療を行うこともできる

最近、ニーズが高まっているのが鍼灸の訪問治療サービスです。

たとえば寝たきりの高齢者や、ケガをしてリハビリが必要な人などの自宅へ訪問し、その場で鍼灸治療を施します。

高齢者施設へ定期的に出向き、そこで鍼灸治療を行うケースもあるようです。

訪問治療サービスであれば、治療院を構える必要がなく、自分の都合のよいときに依頼をうけることができます。

本業としてまったく異なる仕事をしながらも、空いた時間を使って訪問鍼灸治療を行っている人がいるようです。

鍼灸師の国家資格を持ち、確かな知識や技術を備えていれば、このような働き方も可能になってきます。