新聞社社員の仕事内容、業務内容

編集職の仕事

新聞社にはさまざまな仕事がありますが、まずは新聞記事の制作そのものに携わる編集職の仕事について説明しましょう。

世間でもよく知られている「記者」は、新聞の記事を構成するためのネタを探し、関係者に対する取材や写真の撮影、記事の執筆などを担当します。

新聞記者の仕事

大手の新聞社では取材や記事の執筆をする「取材記者」と撮影をする「写真記者」で業務を分担できますが、地方の新聞社では一人で両方の役割を担うことも珍しくありません。

報道という重要な使命を担っているため、正確な情報を伝えるための高い取材力や文章力が求められる職種です。

取材する内容によって、社会経済を担当する「経済部」やスポーツを担当する「運動部」、音楽や文芸について担当する「文化部」などの各部に分かれています。

自分が世の中に対して伝えたいと思っていることを新聞というメディアを通じて多くの人に届けることができるのが、記者の何よりのやりがいといえるでしょう。

こうした記者をサポートしながら、紙面を作り上げるための作業をする内勤の編集者もいます。

たとえば、「どの記事を、どのページに、どんな見出しで、どれくらいのスペースを使って掲載するのか」を考えてレイアウトを決める「整理」と呼ばれる仕事です。

また、記事の中で使われている用語や漢字をチェックして間違いがないかどうかをチェックする「校閲」の仕事も重要です。

新聞は毎日新しい内容のものを作り上げなければいけないので、印刷に間に合わせるための締め切りに追われながら働くのが当たり前の世界です。

まさに時間との戦いになることが多いのですが、自分の手で紙面を完成させる面白さや達成感を得ることができます。

新聞を陰から支える仕事

新聞社には、新聞記事の取材や編集に関わる仕事だけではなく、舞台裏から新聞を支える「営業」という仕事もあります。

営業には二種類の仕事があります。

ひとつは「広告営業」です。

新聞を見てみればわかるように、紙面のあちこちに、新商品や新書、求人広告などさまざまな企業の広告が出ています。

このような広告スペースを広告代理店に販売するのが広告営業です。

もうひとつ、「販売営業」という仕事もあり、新聞の地域販売店の販売部数を伸ばすために交渉したりPRイベントを開催したりしています。

どちらの仕事も、広告収入や販売部数に直結する仕事であり、新聞というメディアが存続していくための土台を支えているともいえます。

営業以外にも、新聞社主催のイベントやスポーツの大会に携わる「事業」や、電子版の新聞のシステム管理やアプリの開発などに携わる「技術」もあり、新聞社の仕事は多岐にわたります。