新聞社社員のつらいこと、大変なこと

毎日が締め切りとの戦い

新聞には全国紙から地方紙、スポーツ紙までさまざまな新聞社が発行しているものがあります。

発行の頻度は新聞によって異なりますが、その多くは日刊であり、新聞社では毎日毎日新しい紙面を作り続けています。

これは想像以上に大変なことであり、印刷の締め切りに間に合わせるために、社員の多くが過密なスケジュールで働いています。

「取材に応じてくれる相手が見つかりませんでした」とか「記事の執筆が間に合いませんでした」「時間がなかったので写真が撮れませんでした」という言い訳は一切通用しません。

どんなに忙しくて厳しい状況でも、確実に取材し、写真を撮り、記事を作り、校閲をし、レイアウトを決め、必ず締め切りまでに紙面を完成させなければいけないのです。

寝食を忘れて仕事に没頭することできるような体力や集中力が必要とされる仕事といえるでしょう。

許されない「誤報」

新聞社にとって絶対にしてはいけないことは、間違った情報を伝えてしまうこと、いわゆる「誤報」の発信です。

新聞記者が取材で十分に裏付けをとらなかったり事実を誤認したまま記事を書いてしまったりすると、このような大きな失敗につながります。

また、誤報とまではいわなくても、誤解を与えてしまうような用語を使ってしまったり、一部の個人や団体の尊厳を傷つけかねないような表現をしてしまったりすると、新聞社としての信頼が地に落ちてしまいます。

影響力の大きいメディアであるだけに、新聞の制作に携わる人には大きな責任があるのです。

新人の新聞記者はもちろんのこと、ある程度のベテランになっても、常に「この記事の内容や表現で本当に問題ないだろうか」と常に自分に問いかけながら丁寧にチェックすることが大切です。

プレッシャーに耐えられるタフな精神力のある人でなければ、続けていくのはとても大変です。