新聞社社員の種類

全国紙と地方紙

日本にはたくさんの数の新聞社があります。

ここでは、全国紙や地方紙、業界新聞やスポーツ紙など、さまざまな新聞の特徴について説明します。

まずは、全国で発行している新聞である全国紙です。

日本ではいわゆる「五大全国紙」がよく知られており、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、産経新聞、日本経済新聞のことを指します。

また、新聞社ではありませんが、一般社団法人である共同通信社では、自社で取材や編集をしたニュースを日本国内だけではなく世界中のメディアに配信しています。

次に、複数の地域をまたがって発行している「ブロック三紙」と呼ばれる新聞があります。

これは、北海道新聞、中日新聞、西日本新聞のことです。

それ以外の各都道府県で発行している新聞のことを地方紙と呼び、北海道から沖縄まで各地でさまざまな名前の新聞を発行しています。

地方紙の魅力は、自分の住んでいる地域の情報をより詳しく知ることができるということでしょう。

地域によっては、全国紙よりも地方紙のほうが親しみを持たれていることもあり、新聞社どうしで読者の激しい争奪戦が行われていることもあります。

業界新聞とスポーツ紙

この他にも、さまざまな種類の新聞があります。

たとえば、業界新聞というのは、「工業」「農業」「通信業」などのそれぞれの業界の情報を共有するための新聞です。

日刊工業新聞、日本農業新聞、石油化学新聞、日本情報産業新聞などがあります。

また、スポーツ紙というのは日刊スポーツやスポーツ報知のことを指し、野球やサッカーなどのスポーツの試合結果や選手の特集などをメインにした新聞です。

記事の内容はスポーツに限定しているわけではなく、ときにはスポーツ選手や芸能人のスキャンダルを掲載することもあります。

スポーツ紙はコンビニや駅の売店でも売っているので、目にしたことがある方も多いのではないのでしょうか。

業界新聞もスポーツ紙も専門性が高い新聞であり、特定の分野の最新のニュースを得るために欠かせない貴重な情報源となっています。