新聞社に特有の職種

情報発信を担う「記者」

新聞社には、一般企業にはないような特有の職種があります。

まずは、新聞記事の制作そのものに携わる編集職について見てみましょう。

世間でもよく知られているのは、ニュースや特集記事のための情報を収集する記者の仕事です。

取材や記事の執筆をする「取材記者」と撮影をする「写真記者」で業務を分担することもありますし、一人で両方の役割を担うこともあります。

記者は、取材する内容によって、社会経済を担当する「経済部」やスポーツを担当する「運動部」、音楽や文芸について担当する「文化部」などの各部に配属されています。

新聞記者の仕事

新聞のクオリティーを守る「校閲」

こうした記者をサポートしながら、紙面を作り上げるために校閲の作業をする内勤の編集者がいます。

新聞社によっては「校閲記者」と呼ぶこともあり、記事の中で使われている用語やデータをチェックして間違いがないか確認するのが仕事です。

この段階で間違いに気付くことができなければ、読者に誤った情報を届けることになるので、とても重要な役割を担っています。

校閲を担当するスタッフの判断力や危機管理能力が、報道機関である新聞社の情報の正確性を支えているといっても過言ではありません。

この他にも「どの記事を、どのページに、どんな見出しで、どれくらいのスペースを使って掲載するのか」を考えてレイアウトを決める「整理」と呼ばれる仕事をする編集者もいます。

会社を支える「営業」「事業」「技術」

新聞社には、新聞記事の取材や編集に関わる仕事だけではなく、舞台裏から新聞を支える職種もあります。

そのひとつが「営業」です。

紙面に載せる広告スペースを広告代理店に販売する仕事や、新聞の地域販売店の販売部数を伸ばすために交渉したりPRイベントを開催したりするのが仕事です。

また、新聞社が主催するイベントの企画や運営をする「事業」を担当している人たちもいます。

美術館での展覧会や展示会、音楽家のコンサート、大学と連携したシンポジウムに加え、全国高校野球選手権大会や選抜高校野球の開催を陰から支えています。

新聞社は地域に根ざした企業であり、幅広い人脈をもっているので、事業の幅も非常に広くなるのが面白いところでしょう。

この他に電子版の新聞のシステム管理やアプリの開発などに携わる「技術」という職種もあり、それぞれが新聞社特有の仕事をしているのです。