新聞社社員に必要な資格、スキル

必要な資格

新聞社の社員として働く上で特別必要とされる資格はありませんが、新聞社によっては、入社までに自動車の運転免許証を取得しなければいけないことがあります。

学歴に関しては、就職試験の応募の際に大卒以上の学歴を条件としているところも多いので、大学に進学してしっかり学ぶことが大切です。

また、新聞社の社員として働く上で役に立つ資格というのもあり、これは仕事の内容によって異なります。

たとえば、新聞記者の場合は取材の際に語学力が必要となることが多いので、「TOEIC」や「英検」のような資格を取得しておくと役に立つことがあります。

それ以外にも、「気象予報士」「フィナンシャルプランナー」などの資格を取得し、専門分野の知識があることで、仕事の内容に深みが出ることがあります。

記事の校閲の際には誤字脱字や漢字の間違いは許されないので、「漢字検定」の合格をめざして勉強してのもよいでしょう。

求められる専門スキル

新聞社で働く社員の場合、資格や免許のようなもの以上に必要とされるのは、「取材力」や「文章力」です。

編集職の場合は特に、特定の分野に関して短時間で膨大な量の知識を吸収して情報を整理しなければいけないという状況が多々あります。

たとえば、大地震が起きれば地学や建築学や防災学のことを勉強してから専門家の取材に行きますし、福祉施設で問題が起きれば介護保険や高齢者の置かれる現状について勉強してから関係者の取材に行くことになるのです。

自分が知らないことであっても積極的に勉強し、自分なりに理解したり意見を持ったりすることができる能力が極めて重要なのです。

新聞社への入社をめざすのであれば、学生時代はとにかくたくさんの本や新聞を読み、内容を簡潔にまとめたり自分の疑問や感想を書き記したりするトレーニングを積み重ねるようにしましょう。

大学によってはマスコミ就職希望者への対策ゼミやマスコミ研究会があるので、こうした活動に参加して仲間とともにスキルを磨くのもよいのではないでしょうか。