新聞社社員として働くためには

新卒採用で新聞社をめざす

新聞社の社員として働くためには、どうすればよいのでしょうか。

ここでは「新卒採用」「中途採用」の2つのパターンに分けて説明します。

まずは新卒採用をめざす場合です。

新聞社をはじめとしたマスコミ各社は、就職試験に「大卒以上の学歴」を応募の条件としていることが多く、一般的には高学歴の人が活躍している業界といわれています。

就職試験では、書類審査や面接に加えて、時事問題に関する知識を問うペーパーテストがあったり、論理的な思考力を見るためのディスカッションや模擬取材のテストがあったりするので、必然的に高い学力を有する人が合格する傾向があるのでしょう。

新聞社の社員になりたいと考えている人は、大学選びに力を入れて、できるだけレベルの高い教養を身につけることができる大学で学ぶことが大切です。

大学の学部に関しては特に決まりはありませんが、記事の執筆や校正に携わる編集職をめざす人は文系の人が多い傾向はあるようです。

大学生のうちに、文章力を磨くための勉強をしておくとよいでしょう。

アルバイトで経験を積む道も

また、新聞社で働くことをめざす学生のなかには、アルバイトやインターンシップの制度を使って学生のうちに新聞社で働くことを選ぶ人も多いようです。

アルバイトをしたからといって、そのまま社員に登用されるチャンスがあるというわけではありませんが、就職試験の際に具体的な志望動機や新聞の課題を語るためには貴重な経験となることは間違いありません。

中途採用で新聞社をめざす

新卒採用ではなく、中途採用で新聞社の社員をめざす場合は、前職でどのような仕事をしてきたかがとても重要です。

新聞紙の取材や編集そのものに携わる職種の場合は、やはり前職でもマスコミや出版関係の仕事をしてきた人が即戦力として歓迎される傾向があります。

一方、営業職や経理職のような職種の場合は、専門スキルの高さが重視されるので、前職が一般企業のサラリーマンであっても問題ありません。

いずれにしても中途採用の試験を受けることになり、書類審査や面接で合否が決まることになります。

中途採用の試験は年齢制限を設けているところも多いので、転職を視野に入れている人はタイミングを熟考することが大切です。