女性の新聞社社員

変わり始めた新聞業界

かつては新聞社で働いている社員は男性が多く、とくに新聞記者という職種は、男性の仕事として知られていました。

早朝や深夜の不規則な勤務があることや、張りこみや突撃取材など過酷な仕事があること、同僚や取材相手との飲み会で情報収集をすることも多いことから、体力のある男性のほうが適任だと考える人も多かったのです。

しかし、近年ではマスコミ業界で働く女性が急増しており、新聞社でも若い女性の活躍が珍しくなくなってきました。

新聞記者としてはもちろんのこと、記者のチームリーダーであるキャップや記事の責任者であるデスク、さらにその上司となる管理職も含め、たくさんの女性たちが新しい風を吹き込んでいます。

もちろん、事件事故や災害が起きた際にはプライベート後回しで働くことになりますし、体力的にもきつい職場ではありますが、女性にとってやりがいのある職場なのは間違いないでしょう。

女性の視点を生かせる職場

新聞社で働く女性は、自分の経験や感性を仕事に生かすことができます。

たとえば、企画を考える場合は、女性ならではの視点から出産や育児や介護に関するテーマに取り組みやすくなります。

そしてもうひとつ、DVや性被害などのデリケートな問題の関係者から取材を受け入れてもらいやすいこともあるのです。

こうした女性ならではの強みを良い報道につなげていくために奮闘している女性記者がたくさんいます。

また、全体の構成やレイアウトを考える職種でも、主婦や若いOLに購読を続けてもらうために読みやすいレイアウトやセンスのある見出しを考えることができるので、女性の感性を生かして働けるでしょう。

最近では、子どもを出産して働き続ける女性社員も多く、働き方も多様になってきています。

基本的には新聞社は福利厚生が整っており、育児休業や育児中の時間短縮勤務ができることが多いので、女性が長く働きやすい職場ということができます。