新聞社のデスクとは

各部の大事なまとめ役

新聞社においては、「デスク」と呼ばれるポジションの社員が重要な役割を担っています。

一般企業のような「係長」や「課長」「部長」という役職名を使わないので仕事の内容が想像しにくいかもしれませんが、デスクというのは、各部の大事なまとめ役となる責任者のことを指します。

具体的な業務内容としては、現場で直接取材をしたり記事の執筆をしたりする記者の上に立ち、原稿をチェックしたり取材の指揮をとったりしています。

入社してすぐにこの仕事に就くことができるわけではなく、まずは記者として現場を駆け回り、次に取材チームのキャップとしてリーダー的な役割を任されるようになり、十分な経験を積んだ後にデスクとして部下を束ねる立場になるのが一般的な流れです。

ですから、年齢でいうと、40代から50代の人が多く活躍しています。

「社会部」「経済部」「文化部」などの各部に配属されており、複数のデスクがシフトを組みながら勤務をしています。

重要な判断を担うことも

新聞記者にとっての使命は、「他の報道機関よりも早く正しく詳しい内容の情報を伝えること」。

これを実現するためには、デスクが的確な判断を下すことが必要不可欠です。

たとえば、真夜中に大きな災害が起きたとき。

即座に記者たちの所在を確認して必要な人員を呼び出し、誰にどこに取材に向かってもらうかを指示することが重要です。

さらに、記者が取材した内容に対して「もっとこういう話も聞いてきいてくれ」「こういう写真を追加で撮ってきてほしい」とアドバイスをし、受け取った記事の内容に事実誤認や差別的な表現などがないかを隅々までチェックします。

問題があるときには書き直しを指示しますし、時間がなければ自分で原稿を書き直すこともあります。

有能なデスクがいる部は、部下たちが常にスピーディーに動くことができるため、独自スクープの連発や内容に深みのある記事を掲載することができるのです。

デスクの能力の高さが新聞記事の完成度を大きく左右するといっても過言ではありません。