新聞記者の仕事内容

最初の配属

新聞記者の仕事は、新聞を開いてお分かりのように、政治、経済、国際問題、社会、生活、教育、文化、スポーツなど、私たちの暮らしに関係するあらゆる分野を対象としています。しかし、それらのすべてに精通することは不可能であり、入社後、段階を追って仕事に慣れていきます。

一般紙(全国新聞)の場合、通常は、社内研修を経て、地方支局に配属されるか、あるいは、教育訓練を兼ねて、校正・校閲部、紙面編集部等の内勤記者として配属されます。内勤記者の場合、仕事ぶり、適性によって、将来、取材記者に出ることが多いようです。

校正・校閲の仕事は、単に字句の修正だけでなく、事実関係の確認、文章構成、見出しのつけ方など、新聞記事作成の基本を学べる絶好の場といえます。

支局記者の仕事

地方支局は、一県に一ヵ所が基本で、3~5人の記者によって仕事が分担されます。大都市の大きな支局には、カメラマンやアルバイトの人たちも数人います。

支局の記者は、県や市の行政、警察などを主な担当として、取材をしますが、大半の支局では、お互いに掛け持ちをしたり、大きな事件が起きたときには、全員で取材に当ることも珍しくありません。

通常の仕事は、県政、市政の記者クラブや警察のクラブを拠点にして、担当者からの発表、レクチャー(解説)、ブリーフィング(状況説明)等を聞いて、原稿を書きます。それをデスク(支局次長)が手直しして、本社の主に地方部に送られます。

朝刊、夕刊の締め切り時間がありますので、原稿執筆はスピードが要求されます。

支局記者は、記者クラブで、担当者の発表を聞いて記事にするだけではありません。むしろ、担当者の発表の「ウラをとる」ことが重要な仕事になります。

警察や行政の担当者の発表は、おおむね決定したこと、あるいは建前だけのことが多いのです。発表後に、外部の専門家や関係者の話を直接聞いたり、自分で実地取材することが重要になります。そうした地道な取材の結果、得てして大きなスクープをモノにできるのです。

本社への配属

支局勤務終わった後、本社への配属は、記者としての適性、本人の希望などを考慮して、政治、経済、国際、社会部などの各部に配属されます。各部の仕事も基本は支局と同様、記者クラブを拠点にして、担当者からの発表等を記事にします。

しかし、各部での仕事は、専門性が高くなるので、単に発表だけでなく、専門家や関係者の話を聞いたり、自分自身での勉強が重要になります。