指揮者の役割

大勢からなるオーケストラをまとめていく

いつでも前に立ち、大勢の演奏家で構成されるオーケストラをまとめている指揮者。

何となく、演奏をコントロールしていることは想像できるかもしれませんが、その明確な役割についてはよくわからないという人もいるかもしれません。

指揮者はしばしば、「映画監督」に例えられることもあります。

映画監督は、まず自身が頭の中でイメージする作品の形があり、個々の俳優にどのように動いてもらえばその世界が作れるのかを考え、俳優たちに的確に伝えていきます。

指揮者もそれと同様です。まずは、演奏する曲の分析や研究をし、どのような音楽を作り上げるかを考え、それを個々の楽器を担当する演奏家たちに伝えて演奏に結び付けてもらいます。

どれだけ個々の演奏能力が高かったとしても、それぞれがバラバラなイメージを持ち、好き勝手に演奏していては、ひとつの芸術作品としてはまとまりません。

そこにいる全員の意思を統一させ、人々に感動を与える世界観を生み出すために導いていくことが指揮者の役割です。

コミュニケーションが何よりも大切

オーケストラに所属する演奏家たちは、個々が演奏のプロフェッショナルです。

音楽に対する思い入れやこだわりを持っている人も多いため、指揮者は一人ひとりの性格をしっかりと把握し、上手にコミュニケーションを図りながら、ひとつの作品に仕上げるために上手に誘導していかなくてはなりません。

指揮者を信頼してもらえなければ、思い通りに演奏してもらうことは難しいです。逆に、演奏家たちと心を通わせた指揮者がいるオーケストラは、聞く人に大きな感動を与えることができます。

指揮者は、演奏家たちの前に立つ存在だからといって、暴君のようにふるまうわけにはいきません。

個々の価値観や思いを尊重しながら、その能力を存分に引き出せるリーダーシップとカリスマ性、そして豊かな人間性が求められる仕事です。