指揮者の資格

指揮者の序列と資格

指揮者になるために特別な資格は必要ありません。

ただし、指揮者には音楽に関する知識や指揮の技術が求められるため、まずは音楽大学の指揮科に入って指揮の勉強をしたのち、以下の方法をとる人が多くなっています。

・プロの指揮者に弟子入りする
・楽団やオーケストラに所属し、指揮者となる
・指揮者のコンクールなどに参加し、実績を積んで指揮者となる

どの場合でも、大学を卒業してすぐに指揮者になれる人はほんの一握りです。演奏者も同じですが、長い下積み経験を経て実力をつけてから、オーケストラに所属する流れが一般的です。

指揮者の序列について

オーケストラによっては、指揮者の序列が決まっています。

「常任指揮者」「名誉指揮者」「桂冠指揮者」「正指揮者」など、さまざまな称号の指揮者がおり、それぞれの称号に合わせて公演できる数などが設定されています。

ただし、こういった称号自体にタイトル料が払われることはあまり多くありません。どちらかというと、称号を持っていること自体の名誉という意味合いが強いようです。

指揮者の下積み経験

現在、国内外で活躍する指揮者たちも、若い頃には長い下積み経験を重ねています。アマチュア楽団の指揮者になっても収入は安定しないため、アルバイトをしながら指揮の勉強をしている人も多くいます。

指揮の実力はもちろんですが、優れた芸術感覚、多くの人を惹きつけるカリスマ性、そしてある程度の運がなければ有名なオーケストラの指揮者になることは難しいです。

特別な資格は必要ないとはいえ、プロになるためには地道に指揮の勉強を続け、メジャーなコンクールで入賞する必要があるなど、厳しい世界であることはいうまでもありません。