指揮者になるには

資格は必要ないが、専門知識と技術が求められる

指揮者になるために、特別な資格などは必要ありません。

ただし、音楽に対する深い知識と指揮の技術が求められるため、多くの人は音楽大学の指揮科に通い専門的に学んでいます。

指揮者には、各楽器の音を的確に把握する能力が求められるため、オーケストラで使われる多様な楽器についての勉強や、各楽器の演奏方法に関しても勉強します。

また、有名なクラシック音楽についての指揮の仕方や曲の歴史的な背景、作曲者の表現したいことなど、学ぶべきことはたくさんあります。

指揮者として最も重要とされる「楽団をまとめる力」についても、大学で学ぶことができます。

一流指揮者への弟子入り

しかし、音楽大学を出てもすぐに指揮者としてデビューすることは難しく、プロに弟子入りをして指揮の勉強をしたり、管弦楽団や合唱団などに所属して指揮の腕を磨きながら、スキルアップを目指していく流れが一般的となっています。

指揮者は、実力勝負の仕事です。

音楽大学卒業後は、腕を磨くためにベテラン指揮者に弟子入りする人も多くなっています。

有名な指揮者は日本国内だけでなく海外にもたくさんいるため、海外に渡航する人も多いようです。

ある程度の経験を積んだら自分で楽団を探し、そこで指揮者となる人もいます。

また、人気の指揮者になると、さまざまな楽団から指揮のオファーが来るようになります。

指揮者に必要とされるもの

昔は「指揮者」といえば男性がほとんどあり、女性の場合には演奏者から下に見られてしまうといったこともありましたが、最近では実力さえあれば、女性指揮者でも積極的に受け入れる楽団が増えているようです。

演奏者は自身の演奏に対するこだわりやプライドを持っている人も多く、演奏の面で指揮者と衝突することもあります。

そのため、指揮者は自分の指揮能力を日々高めることはもちろん、演奏家ときちんとコミュニケーションを図り、しっかりと楽団をまとめていく能力が必要になります。