指揮者になるには

資格は必要ないが、専門知識と技術が求められる 指揮者になるために、特別な資格などは必要ありません。 ただし、音楽に対する深い知識と指揮の技術が求められるため、多くの人は音楽大学の指揮科に通い専門的に学んでいます。 指揮者 … 続きを読む

指揮者に向いている人、適性

統率力がある人 指揮者の最大の仕事は、曲を深く分析し、多くの楽団員が所属する楽団をまとめ上げてイメージする演奏に近づけることです。 どれだけ技術のある演奏者たちが集まっていたとしても、それぞれが好き勝手に演奏していては、 … 続きを読む

指揮者の資格

指揮者の序列と資格 指揮者になるために特別な資格は必要ありません。 ただし、指揮者には音楽に関する知識や指揮の技術が求められるため、まずは音楽大学の指揮科に入って指揮の勉強をしたのち、以下の方法をとる人が多くなっています … 続きを読む

指揮者に求められるもの、必要なこと

統率力 指揮者は、大勢からなるオーケストラを一人でまとめ上げなくてはなりません。そのためには、優れたリーダーシップが必要です。 しかし、ただ勢いだけで突っ走ればよいというものでもなく、一人ひとり個性も価値観も異なる演奏家 … 続きを読む

指揮者のトレーニング、練習

楽曲分析が基本 指揮者の役割は、楽曲を理解し、自らの体を使って大勢の演奏家をまとめあげ、理想とする音楽を表現することです。 そのため、指揮者にとって最も大切なのは「楽曲の分析」だといえます。 曲を理解してなくては、そもそ … 続きを読む

指揮者が勉強すること

音楽理論や曲の歴史 指揮者には、曲を分析するために、和声法や体位法、学式論などの音楽理論が必要とされます。 これらは音楽大学でも必ず学ぶことであり、音楽家として生きるうえでの基礎となるものといえます。 それに加えて、作曲 … 続きを読む

女性の指揮者

今はまだ「まれな存在」 クラシック・オーケストラの女性指揮者は、今はまだ「珍しい」存在です。 昔はオーケストラ自体が日本の相撲同様に女人禁制でした。 楽器の演奏者という立場であれば、かなり昔から受け入れられてきたようです … 続きを読む

指揮者の素質、能力、才能

指揮者に才能は必要? 指揮者に限らず、音楽家として生きる人たちは、世間からしばしば「あの人は才能があるから…」などといわれます。 たしかに、第一線で活躍する指揮者の中には両親が音楽家であるなど、生まれながらにして音楽と触 … 続きを読む