指揮者に求められるもの、必要なこと

統率力

指揮者は、大勢からなるオーケストラを一人でまとめ上げなくてはなりません。そのためには、優れたリーダーシップが必要です。

しかし、ただ勢いだけで突っ走ればよいというものでもなく、一人ひとり個性も価値観も異なる演奏家と上手にコミュニケーションを図って、うまくバランスをとっていくことも大切です。

押し付けたり命令をするのではなく、自然と演奏家から信頼を集める存在になることが、指揮者がオーケストラとの良好な関係を構築するためのポイントでもあります。

音楽的な素養

指揮者は当然ながら、音楽のことをよく理解していなくてはなりません。

ただ楽譜が読めるというだけでなく、音楽の歴史や音楽理論の知識を有していることや、曲を分析するために耳の良さ(音を聞き分ける能力)が必要とされます。

また、曲の構成や各楽器の特徴なども理解しておく必要があります。

そのため、指揮者は作曲の知識がある人や、もともとピアノなど他の楽器を経験していた人がなることも多いです。

これらは一朝一夕では身に付かないため、地道な勉強が必要とされます。

伝える力

どれだけ「曲をこうしたい」という思いがあったとしても、それを演奏家たちに伝えることができなければ、理想の作品には仕上がりません。

そのため、指揮者はときには比喩表現などを使いながら、演奏家に対して、自分が頭の中でイメージしているものを、わかりやすく正確に伝えていきます。

オーケストラとリハーサルを重ねる段階では、語彙力はもちろん、説得性のある言葉で表現できるかということも重要になってきます。