指揮者になるための学校・音楽大学

音楽大学に進学する人が多い

指揮者は、なるために特別な資格が求められる仕事ではありません。

「絶対にこの学校を出ていなければなれない」ということもありませんが、音楽に関する深い知識と指揮の技術が求められるため、多くの人は音楽大学の「指揮科」へ進学し、学んでいます。

指揮科では、主にソルフェージュや器楽、声楽、作曲などについて修得するためのカリキュラムが組まれています。

学校によっては、実際にオーケストラを指揮する機会も用意されているなど、プロの指揮者になるための基礎からしっかりと身に付けることが可能です。

音楽大学は国公立から私立まで全国にいくつもありますが、なかには指揮科を設置していないところもあるため、よく調べておく必要があります。

学校を出ても必ず成功するとは限らない

いくら大学で指揮を学んだとしても、全員がプロの指揮者になれるわけではありません。

もし有名なオーケストラで指揮をとれるようになりたいのなら、さらにハードルは高くなります。国際的なコンクールで入賞するなどして、認められるようにならなくてはなりません。

また、大学在学中に才能があると認められれば、教授などから卒業後の仕事を紹介してもらえることもあるようです。

独学でも指揮者になれる?

ピアニストやヴァイオリニストなどの演奏家と同様、指揮者も実力勝負の仕事です。

能力があると認められれば、特別な学校で学ばずとも指揮者として活躍できる可能性はゼロではありませんが、それはとても難しいことだと考えておいたほうがよいでしょう。

指揮者には、指揮のテクニックはもちろん、楽曲分析や聴音の能力も求められます。また、オーケストラで使われる各楽器の特徴なども、きちんと理解しておかなくてはなりません。

それらすべてを独学で身に付けるのは、大変難しいことだといえます。

なお、プロの指揮者として活躍する人のなかには、もともと指揮ではなくピアノやトランペットなど、別の楽器を専門にしていた人もいます。

きちんと勉強すれば、別の楽器からでも指揮者を目指すことは可能ですが、いずれの場合でも、音楽理論などについてのベースをできるだけ早いうちに身に付けておくことが肝心だといえるでしょう。