歯科助手の役割

歯科医師のサポート

歯科医院に行くと、「○○さん、お入り下さい」と診療室に誘導してくれるのが歯科助手です。では、歯科助手はどのような役割があるのでしょうか。

器具を渡したり材料を準備するなど、歯科医師がスムーズに診療を行えるようサポートするのが、歯科助手の役割です。

歯科医師や歯科衛生士とは違い、患者さんのお口の中に触れる治療行為は一切ありませんが、医師のアシスタントにつくにあたって、治療の流れや使用する器具、専門用語をきちんと把握しておく必要があります。

また、診療中は次に必要になるものを予想し、先読みして動くことも歯科助手には求められます。

医師の手を止めることなくスムーズにアシスタントができる歯科助手は、医師と患者さんにとって心強く、頼りになる存在です。

歯科助手は縁の下の力持ち

歯科助手は診療のアシスタントだけでなく、受付業務・カルテ管理・予約管理・備品管理・院内清掃など、挙げたらキリがないくらいさまざまな業務があり、多岐に渡ります。

また、患者さんの多くは不安や悩みを抱えて来院するので、声掛けをしたり、話しを聞いてリラックスしてもらうことも歯科助手の大切な役割です。

歯科助手は来院した患者さんと一番初めに顔を合わせますし、患者さんとコミュニケーションを取る機会が多いため、「クリニックの顔」といわれています。

そのため、医院の印象は歯科助手で左右されることも少なくないのです。

どんなときも患者さんへの気配りや思いやりを忘れず、笑顔で明るい応対を常に心掛けることが歯科助手の仕事をする上で重要になります。

以上のように、歯科助手は医師と患者さんの双方をサポートし、「縁の下の力持ち」として治療行為以外のすべての業務を担う役割を持っています。

患者さんが安心して来院できる医院作りには歯科助手の存在が必要不可欠なのです。

仕事体験談