歯科助手の仕事内容

歯科医院では治療を行う歯科医師と歯科医師をサポートする歯科衛生士や歯科助手といったスタッフが働いています。

歯科助手は、歯科衛生士と違い、国家資格の不要な職業ですので、勤務する歯科医院によって多少仕事内容が変わることがありますが、ここでは代表的な歯科助手の仕事内容をまとめます。

受付・電話応対・予約業務

歯科助手が担う事務的な主な仕事は、来院した患者さんの受付、カルテの整理、診察台への案内、次回予約、会計、お薬の受け渡し、そして電話応対などがあります。

また、歯科技工士に注文した入れ歯や差し歯などの受け取り、宅配便や郵便物の受け取りや院内の清掃なども歯科助手の仕事となります。

歯科助手といっても歯に関する業務だけではなく、こういった仕事もあるということを覚えておきましょう。

歯科医師のサポート業務

治療に関わる仕事内容は、歯科医師の治療をサポートをすることです。

治療に必要な器具の準備と歯科医師への受け渡しはもちろんのこと、そのほかにもさまざまな作業があります。

セメントや印象材を練る(練和)

歯科助手は、

・患者さんの歯型をとるために必要な印象材(ピンクの粘土のようなもの)練る作業
・歯を削った後につめる詰め物(インレー)やかぶせ(クラウン)を接着するためのセメントを練る作業

をします。

印象材やセメントは「ちょうど良い硬さ」で練らなければ上手に歯型がとれなかったり、詰め物が上手くくっつかないことがあります。

そのため、慣れるまでは歯科医師からやり直しを指示されることもしばしばありますが、毎日練っていれば自然とコツを掴めるようになってきます。

石膏注ぎ

歯科医院によっては、「石膏注ぎ」を歯科助手がおこなう場合もあります。

「石膏注ぎ」とは印象材で患者さんの歯型をとったものに石膏を流して歯の模型を作る作業です。

この模型を使って患者さんの歯のかぶせや差し歯を歯科技工士が制作していくため、丁寧な作業が要求されます。

バキュームやライト

その他には、患者さんの口の中が良く見えるようにライトで照らしたり、患者さんが治療中に唾液がたまってきてつらくならないように、また削った歯や詰め物のカスを吸い込むためのバキュームをします。

ライトやバキュームは、歯科医師が治療しやすく、患者さんが不快にならないような角度で固定しなければなりません。

意外に難しく感じることがありますが、これも歯科医師や患者さんの気持ちを考えながら動くようにすれば次第に慣れてきます。

このように歯科助手の仕事内容は、多岐に渡っていますが、歯科医師の治療のサポートをどの程度する必要があるのかは、歯科医院によってさまざまです。

場合によっては、事務作業と清掃などが主な業務となる場合もありますので、事前に歯科医院に問い合わせてみて、どういう仕事内容になっているのかを把握しておくことが必要です。

仕事体験談