歯科助手に向いている人、適性

歯科助手に向いている人とはどういう人なのでしょうか。歯科助手に求められる能力についてご紹介します。

コミュニケーション能力がある人

歯科医院に来院される患者さんの多くが、歯の痛みと治療に対する不安を抱えています。

そのため、受付や治療のサポートをする時に、患者さんに安心してもらえるように優しく言葉をかけたり、気配りができる、コミュニケーション能力の高い人材が求められます。

また、歯科医院は一般企業と比べて働いているスタッフが少数です。

毎日、少人数で働く職場となりますので、歯科医師、歯科衛生士、他の歯科助手仲間との人間関係や信頼関係も円滑に築くことのできる人が求められます。

マナーを守れる人

歯科助手は、患者さんとのコミュニケーション、歯科医師や歯科衛生士とのコミュニケーションを取るのが上手な人に向いています。

明るく親しみやすい人は患者さんにとっても安心感があります。

しかし、スタッフ同士の言葉遣いや患者さんへの言葉遣い、接客態度など、社会人としての最低限のマナーを身につけており、しっかりとした対応ができる人が向いています。

向上心のある人

歯科助手は医師のサポートをする仕事ですから、歯科治療に必要となる器具の名称や専門用語を覚えたり、機械の使い方を覚える必要があります。

また、医療は日々進歩しています。医療事務の勉強も必要な歯科医院もありますし、新しい薬や器具、機械などが発売されるたびに、使い方を新たに覚える必要が出てきます。

そのため、専門知識を学びたいという向上心のある人が歯科助手に向いています。

このように、わからないことは素直に尋ねられる、自発的に物事に取り組もうとするなど、やる気のある人であれば歯科助手の適性があるといえます。

ただし、歯の健康のお手伝いをする仕事ですので、喫煙している人は不採用になる場合もあるので注意しましょう。

仕事体験談