歯科助手の仕事で大切にしていること (体験談)

歯科助手として働く上で大切にしていることはたくさんあります。その中で特に知っておいてもらいたいことをご紹介していきます。

周囲とのコミュニケーションを大切にする

一番大切なのはコミュニケーションだと思います。これは医師や同僚、先輩の歯科助手はもちろん、患者さんに対しても言えることです。医師や他の歯科助手とうまくかかわっていけるかどうかで仕事の内容も変わってくると思います。医師の疎通がちゃんとできていればスムーズに患者さんの対応をすることができます。

また、歯科は待っている時間が長い場所です。そんな時間が苦手という人も結構多いものです。そんな患者さんに対して声をかけたり、お世話をしたりすることもとても大切なこととなります。

もちろん、患者さんの中には声をかけないで欲しい、そっとしておいて欲しいという人もいます。一人ひとりの対応をしていくことも歯科助手の仕事だと思います。

ミスをしたら素直に謝る

医師に器具を渡す時に誤って落としてしまうことがあります。こうしたミスをしてしまった時にしっかりと謝ることが大切です。医師に謝るというのはもちろんですが、患者さんに対して謝るという姿勢を見せましょう。

患者さんは静かな環境の中で治療をしています。そんな中で大きな物音をたててしまうととても驚きます。目を隠している医院の場合だと尚更驚くでしょう。一言でもいいので『すいません!』と患者さんに聞こえるように言うことが大事です。

まあ、器具を落としてしまうという事はあってはいけないことなので、十分注意して渡すようにすることを心がけています。

知識を身につける

歯科助手は免許を取得していない場合でも、働くことができる仕事です。資格を持っていない人に、是非心がけてほしいことがあります。それは事前に専門的な言葉や内容を調べておくということです。

詳しい内容や専門知識までは要求されないと思いますが、歯科助手として働く上で重要になることは予習しておいた方が良いでしょう。自分のためにも、医院のためにも、患者さんのためにも、ある程度の知識を持ってから仕事に臨むようにしましょう。

他にもいろいろと仕事に大切なことはありますが、特に重要なことを書き出しました。みなさんの将来の参考になれば幸いです。

仕事体験談