歯科助手の就職状況

競争率は高い

求人情報などをインターネットで検索したり、情報誌などで収集すると、歯科助手の求人は案外よく見かけます。

しかし、「なかなか歯科助手として採用されない」という声もよく聞かれます。

この理由は、国家資格のような特別な資格が要らず、未経験でも働くことができる職業であるためです。

そのため、人気が高く、一人の求人に対して何十人も応募があるケースも多いので、「なかなか採用されない」といわれるのです。

歯科医院はコンビニエンスストアよりも件数が多いともいわれています。

歯科医院の競争も激化し、経営状況も昔ほど良くない歯科医院も多いため、正規雇用のスタッフを減らし、パート・アルバイトの比率を高くしている歯科医院もあります。

だから、正社員としての採用は競争率が高いのです。

また、歯科助手が人気の職業であるもう一つの理由は、「職場まで近い」というメリットがあるからです。

今や歯科医院は同一町内に2、3件あっても不思議ではありません。子供がいるため通勤が楽で自転車や徒歩で通える範囲にある歯科医院に勤めたいという女性も多いのです。

そんな競争率の高い歯科助手に採用されるには、通勤エリアを拡大してみるのも方法です。

車やバイクの運転免許があれば、電車や自転車しか利用できない応募者よりも採用時に有利になります。

求人情報は頻繁にチェックすること

歯科助手の求人情報をよくチェックして見ると、頻繁に募集をおこなっている歯科医院や、ずっと求人を出している歯科医院も見られます。

こういった歯科医院は、待遇や仕事内容に何か問題があり、歯科助手の入れ替わりが激しいなど、何か問題を抱えている場合がありますので注意が必要です。

歯科助手として長く勤めたいと思っている人は、雰囲気が良く、働きやすい歯科医院を探しましょう。実際に通院してみて雰囲気を確かめるのも方法の一つです。

また、歯科助手として採用されるために必要な条件は、学歴や資格よりも礼儀正しく、笑顔が素敵で患者さんやスタッフともコミュニケーションが上手に取れる人であることです。

競争率の高い求人であるからこそ、自分がアピールできる強みを明確にして面接に望むようにしましょう。

仕事体験談