歯科助手に資格は必要?

歯科助手は資格がいらない

歯科助手になりたいけど、どんな資格があるか知りたいという人。結論から言いましょう。歯科助手という資格は存在しません。意外と知られていないかもしれませんが、歯科助手は無資格で働くことができる職業です。極端な話、明日からでも歯科助手として働くことが可能な仕事となります。

歯科医院に行くと医師や歯科衛生士、歯科助手がいます。歯科衛生士と歯科助手はどちらも白衣のような服を着ていますね。そのため、勘違いされがちなのですが、歯科助手の場合、患者さんの口に触れたり、診療行為をすることは禁止されています。

そうした行為は、資格を取得している歯科衛生士のみができることです。

歯科助手の役割

歯科助手は資格がないのにどんなことをしているの?という質問にお答えします。歯科医院に行くと『○○さん。こちらへどうぞ』といって案内してくれる人がいますよね。また、歯の治療に必要な器具の準備や医師に器具を渡したり、片付け、消毒、洗浄をしたりすることなどが歯科助手の仕事内容となります。

歯科助手の仕事の内容はとても多く、これ以外にもいろいろな業務があります。

勉強することが大切

資格が必要ないならすぐにでも働きたいと思う人もたくさんいると思います。しかし、ここで注意してほしい事があります。それは、歯科助手として働く以上、専門的な知識や用語はしっかりと予習しておいてほしいということです。

医療関係の仕事では専門用語はたくさんあり、聞いたことのないような言葉を使うことが多々あります。このような用語や知識がないのでは、足を引っ張るだけでなく、自分のためにもなりません。

仕事をするということは、その道のプロとして働くということになります。調べたり、聞くなりして少しでも努力することをお勧めします。結果的に自分のためになることばかりです。時間を惜しまず頑張りましょう。

仕事体験談