こんな人は歯科助手に向かない?

歯科助手は、主に患者さんやスタッフとのコミュニケーションが上手にとれる人、接客マナーの良い人、歯科の専門知識を勉強する意欲のある人が向いています。

しかし、逆にこういう人は慣れるまでに時間がかかる、就職前に注意すべきだという人はどんな人かについてまとめます。

勉強する意欲のない人

歯科助手の仕事は、歯科医師や歯科衛生士のように患者さんに直接触れて歯科治療や予防の指導をおこなうわけではありません。

あくまでも医療器具の洗浄や器具のセット、患者さんの診察室への案内などが主な業務となっています。

しかし、来院受付や次回予約、電話応対などの受付業務を担うこともあります。

そして、受付や電話応対をしていると、患者さんから診察内容や歯の健康などについて質問されることがよくあります。

これは、診察中に歯科医師に聞きそびれた、忙しいそうで聞きづらかったなどが理由です。

基本的には患者さんからの質問には歯科医師が対応すべきです。しかし、すべての対応を歯科医師に任せると診療が回りません。

簡単な質問やよくある質問などは、歯科医師から指導をあおぐ、自分なりに専門書で勉強するなど努力も必要ですので、勉強が嫌いな人、専門用語や専門知識を深める意欲のない人は歯科助手に向かない可能性があります。

血が苦手な人

歯科助手は受付業務や診療のサポート業務だけで直接患者さんに触れないので血が苦手でも大丈夫だろうと思っている人も多いのですが、その点については注意が必要です。

歯科医師の診療をサポートするために診察台の横でスタンバイするときには、患者さんの唾や、歯や詰め物を削ったときに出るカスを吸い込む「バキューム」という作業をすることがあります。

口の中にバキュームを差し込むので、患者さんには触れません。しかし、患者さんの口の中を覗き込んで唾などを吸い込んでいく作業なので、血を見て気絶するほど苦手な人は歯科助手に向いていない可能性があります。

少しだけ血が苦手だという人なら、仕事をしているうちに慣れて平気になってくることもあるので、歯科医師に相談しながら仕事を続けられそうか様子を見ても良いでしょう。

このように、歯科助手はイメージしているよりも意外に勉強することが多く、医療スタッフとしての仕事もたくさんあります。

どんな職業であっても一人前になるまでには覚えることや勉強することが必要です。

「勉強が苦手」「血が苦手」であっても、やる気があれば、少しずつ改善することができ、歯科助手として続けていくこともできるでしょう。

仕事体験談