歯科助手と歯科衛生士の違い

患者さんの立場から見れば歯科助手も歯科衛生士も同じように白衣を着ているスタッフの一人ですが、仕事内容や資格には大きな違いがあります。

資格の違い

まず、一番大きな違いは資格です。歯科助手になるには、とくに資格歯必要ありません。一方、歯科衛生士になるには、国家資格が必要となります。

歯科衛生士になるには、最低でも3年制の歯科衛生士養成過程のある専門学校か短期大学に通い、卒業と同時に歯科衛生士の国家試験の受験資格を得た上で国家資格を取得しなければなりません。

歯科助手の場合は、このような資格取得が不要なので、未経験でも歯科医院に勤務し、実務経験を積むことで歯科医師のアシスタント業務をこなすことが可能です。

また、歯科助手は国家資格ではありませんが、歯科助手養成の専門学校や通信教育を修了することで民間資格を得ることができます。

こういった教育機関等での民間資格を得ている方が、まったくの未経験者よりも就職の際に有利となる場合があります。

仕事内容の違い

歯科助手と歯科衛生士の大きな違いの二つ目は、仕事内容です。

歯科助手は患者さんの口の中や歯などに触れることができません。あくまでも歯科医師の指示に従って治療をサポートする業務となります。

歯科医師に治療器具を受け渡しする、患者さんの口の中を照らすライトの調整する、バキュームで患者さんの唾などを吸い込むなどの業務と、受付や会計、掃除などの雑務が主な仕事となります。

一方、歯科衛生士は国家資格ですので、患者さんの口の中に触れ、歯の予防処置や歯の保健指導、歯科医師の業務の一部である予防処置や保健指導などに限り、診療補助を行うことが国で認められています。

たとえば、歯や歯茎の状態を機械で点検したり、歯石の除去など歯のクリーニングを行ったり、虫歯予防にフッ素を塗布したりすることができます。

また、学校や老人ホームなどで歯の健康のために歯磨き指導などを行うこともできます。

このように、歯科助手は歯科衛生士と比べて患者さんに対してできることが限られています。

ですが、受付などの事務仕事や治療のサポートも歯科医院にとって欠かせない重要な仕事ですので、プロ意識を持って仕事をこなすことが大切です。

仕事体験談