歯科助手の制服とマスク

歯科助手は身だしなみが大事

働く上でどの職業も身だしなみが大切といえますが、歯科医院のような医療機関では、とくに清潔感と感染予防が大切となります。

患者さんが最初に顔を合わせた歯科助手の身だしなみが不衛生でだらしないと、医院の印象が悪くなりかねないのです。

歯科助手の制服

歯科助手はナース服を着て仕事をしますが、歯科医院によって、ワンピースタイプ・パンツスタイルタイプとさまざまです。

白だと、いかにも病院という印象になるので、白ではなくピンクやブルーといった、患者さんに柔らかい印象を与える色を採用している医院も多いです。

子どもは白=先生というイメージで、泣いてしまうことがあるので、色付きのナース服が採用される理由の一つになっています。

かわいらしいものからスタイリッシュなものまでデザインもさまざまです。

薬品や石膏などで汚れてしまわないよう、ナース服の上にはエプロンをつけます。ナース服は白を採用している医院も、エプロンは色付きのものを採用することが多いです。

エプロンに関しても花柄といった模様をはじめとして、キャラクターのものまで存在します。

来院する患者さんの年代層や医院の雰囲気、内装などに合った制服が採用されています。

歯科助手のマスク

歯科助手は診療室でアシスタント業務を行う際、必ずマスクを着用します。感染予防はもちろんですが、患者さんの歯を削る際に目には見えない粉塵が飛び散るからといった理由もあります。

とくに金属を削る場合は、粉塵を吸い込んで金属アレルギーを引き起こす可能性もなくはないので、マスクはとても重要です。その他、飛び散った薬品や、患者さんの入れ歯を削った粉から歯科助手を守ります。

歯科助手の制服とマスクは、スムーズに業務を行うための必須アイテムであり、患者さんに悪い印象を与えてしまわないためにも、きちんと着用することが大切です。

仕事体験談