回答者:ココアさん(女性/33歳)

職業名:歯科助手 / 現在の状態:経験者 / 経験年数:7年

仕事内容
大阪市内にある歯科医院で勤めていました。午前の部と午後の部とあり、私が勤めている方の人数は、4人の歯科助手と医院長1人の5人でした。仕事は主に治療の助手を行っていました。バキュームという機械で唾液を吸ったり、受付をしたり、カルテを作成したりそれを4人で時間ごとに交代してそれぞれの担当を持っていました。
仕事のやりがい
患者さんの笑顔を見られることはやりがいにつながります。家族で通われている患者さんもいて、コミニケーションをとりながら、少しでも治療への不安を取り除くお手伝いができます。子どもからお年寄りの方まで接することができて、健康のお手伝いができることはとてもやりがいを感じます。
覚悟しておいた方がいいこと
基本は立ち仕事なので、足がむくむことは覚悟した方が良いです。前かがみになったり、無理な体勢で治療を行うことも多々あるので、姿勢が悪くなる可能性があります。医療のお仕事なので血を見ることもしばしばあり、怖がっていては仕事にならないのでいろいろな治療を見ても恐れず慣れていくことが大切です。
給料・待遇
お給料は月給14万円で、健康保険に加入していました。年に2回6月と12月にボーナスがありました。ボーナスは一月分ほどの金額でした。私は自宅から近かったので、通勤手当はなかったのですが、通勤手当も出ていたようです。20歳から27歳まで勤めていて、勤続年数7年でした。年収にすると200万いかないくらいでした。
この職業の恋愛・結婚事情
患者さんと結婚した人は1人もいませんでした。医院長も結婚していたのでみんな個々に恋愛をして、結婚して出産を機に辞めていくという人が多いと聞きました。私は引っ越しをしなければならなかったので、できれば続けたかったのですが、通うことが不可能だったので7年目で退社しました。
この職業を目指す人へのメッセージ
女性の多い職場なので、仲良く同性同士、仕事仲間であり友人のような結束した関係を育むことができます。患者さんとのコミュニケーションも楽しくいつも元気をいただいていました。慣れると、辞めたくないと思うくらいやりがいのある仕事なので、ぜひ女性の方にお勧めします。

仕事体験談