歯科助手になるには

歯科助手に資格は必須ではない

歯科助手は歯科医院で歯科医師のアシスタント業務をおこなう仕事です。就職先は歯科医院に限定され、女性が勤務する職場として人気の高い職業です。

歯科助手として働くには、歯科衛生士のように特別な資格は必要ありません。

歯科衛生士の仕事

歯科助手の主な仕事は、アシスタントといっても、歯科医師の診療や治療に必要な器具を準備や受付業務なので、直接患者さんの口の中に触れることはないためです。

ですから、歯科医院の歯科助手の求人で、「未経験可」となっていれば、経験や資格がなくても働くことができ、実務経験を積むことでスキルアップしていく仕事となります。

しかし、すべての歯科医院が未経験でも働けるとは限りません。最近では、歯科医院も即戦力となる人材を求めているところも増えています。

そこで、高校生などの早い時期から将来を見据えて歯科助手を目指す場合の一般的なルートをご紹介します。

歯科助手になるための方法

まず、一つ目のルートは、高校を卒業して就職活動をする方法があります。ほとんどの歯科医院では高校卒業程度の学歴があれば十分仕事に就くことができます。

二つ目のルートは大学、短大、専門学校を卒業してから歯科助手を目指して就職活動をおこなうルートです。

学校は、医療、介護福祉、保健学科であれば就職の際に非常に有利になりますが、資格が不要なのでもちろん学校で医療系の専攻でなくても大丈夫です。

また、学校を卒業してから歯科助手の民間資格を取得しておいて就職活動をするというのも歯科助手になるためのルートの一つです。

民間資格を活用して歯科の基礎を学ぶ

歯科助手になるには資格は必要ないとはいえ、実際に求人を見てみるとまったくの未経験では就職が難しいケースもあります。

それは、実務経験や民間資格がある即戦力がほしいのか、未経験から新人を育てていくのかは、それぞれの歯科医院の方針によって違うからです。

そこで、確実に歯科助手の仕事を目指すなら、民間資格を取得しておくという方法もあります。

民間資格で歯科助手認定資格を持っておくことで、歯科医院で実際に働きはじめたときに専門用語や医療器具の名称などに戸惑うことなく、スムーズに仕事に馴染んでいくことができます。

歯科助手の民間資格は、日本歯科医師会が行っている講習会を終了して認定資格を得る方法や、日本歯科医師会が認定している専門学校や短大、ユーキャンやニチイ学館などの大手通信教育会社の通信課程を受講し、修了することで取得することができます。

歯科助手の資格の種類

各団体によって、受講時期、期間、費用、受験資格の要件などに違いがあるので、受講する予定の教育機関や、各都道府県の日本歯科医師会にあらかじめ問い合わせをしておくと良いでしょう。

ただし、前述の通り、歯科助手の資格は必須ではありませんし、とくに資格や経験がなくてもすんなりと就職できてしまう場合もあるのが実態です。

こういう場合は、現場で働きながら勉強していく必要がありますので、歯科助手の基礎知識がなく就職できたとしても一人前の歯科助手になるには常に自己研鑽が必要になります。

就職後も勉強を続けることが必要

歯科助手の民間資格は、就職に有利になるから取得するというよりも、実際に働きだしたときに役立つから勉強しておくという姿勢が大切です。

ですので、あまり歯科助手資格の有無にとらわれすぎないようにしましょう。

医療機関という特殊な環境で常に勉強する意欲があるかどうか、そして患者さんやスタッフと円滑にコミュニケーションをとっていけるかどうかということの方が歯科助手には大切なことです。

仕事体験談